FC2ブログ
RSS

希望の党の使用限度

 途中リセットすれば永遠に「希望」で終わる。「絶望」するまで頑張ってもらいたい

 小池新党の名前が、「希望の党」だという。
 この「希望」という言葉は、人生経験を積んだ者には、青臭く嘘くさく見える。
 誰かの孫引きで恐縮だが、「希望」という言葉を聞くたびに「希望は絶望を増幅させる」という、格言が浮かんでくる。私自身の人生経験を顧みて、希望通り進んだことはめったになかった。人生の節目では、大学入試、就職、結婚、起業など。その他日常の、こまごましたことではなおさらである。ものごとが希望したように運ぶと恐ろしくなる。

 たとえば先だって、フィギュアスケートの羽生選手が、SPで世界最高点を出した。当然国民は、FSでもそれに近い点数を出すと期待する。結果は大波乱で、まさかの大荒れ。FSでは、近年で彼の最低点数を記録してしまった。まさに国民は「失望」した。
 それでも羽生選手は、堂々の2位であった。しかもまだチャンスがある。再び「希望」を抱く人も多いだろう。

       どうでもしてくれ

 だがたいていは、「希望」→「失望」→「絶望」と進む。そして「希望」を抱いていた人ほど、「絶望」が大きくなる。まさに小池氏が、昨年都知事に当選してからの歩みに近い。まだ都知事としては、かろうじて「失望」の段階に留まっている。もし都知事を中途で投げ出すとしたら、「絶望」を回避するためであろう。だから小池氏は頻繁に、「リセット」という言葉を使っているのである。
 
 小池新党の「希望」が「失望」に移れば、「絶望」になる前にまたリセットするはずである。リセットを繰り返すことで、永久に「希望」のままで終わる。そのうち必ず見破られる。そのつぎは、新しい「希望の党」に望みを託すのだろうか。


 もっとも、「絶望」というのは、「全く期待できなくなること」(デジタル大辞林)である。すなわち、開き直った状態である。なにも期待しないのだから、そこから先の「絶望」は無くなる。どうせなら、都知事も「希望の党」も、みなが「絶望」するまで頑張ってもらいたい。「幸福実現党」には負けないで欲しい。
 そして、今の段階で希望を持っているのは、この党に駆け込んでいる議員だけなのは間違いない。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

  佐治 眞悟

Author:  佐治 眞悟
本音を言えない人たちに代わって
     酔狂じじいが吠えている
           妄言ブログです
  
ブレーンストーミングなので、
    批判厳禁、ただ乗り大歓迎です 
「拍手」いただければ、励みになります

地元中小・零細企業の応援
         経営コンサルタント             

最新記事

カテゴリ

ホーム1 当ブログの紹介  (1)
ホーム2 当事務所の事業紹介 (1)
*政治・経済* (1062)
 原発、エネルギー (149)
 歴史認識、軍事、外交 (271)
 経済、貿易、財政、税制 (131)
 憲法、法律、選挙、裁判 (96)
 政治家、政策、政局 (244)
 インフラ、防災、環境、人口 (125)
 食糧、農林漁業 (46)
*社会・哲学* (1065)
 社会一般 (168)
 高齢化、医療、死生観 (265)
 格差、差別、弱者、女性 (99)
 時事、事件 (75)
 マスコミ、広報、ネット (55)
 文化、スポーツ、演劇 (88)
 教育、学問、科学、宗教 (49)
 生物、進化論 (26)
 山行、県外旅行 (112)
 地域、町内、祭、イベント (128)
*経営* (516)
 中小企業施策 (77)
 経営革新、戦略、手法 (97)
 知財、著作権、情報 (11)
 リスク (35)
 再生、倒産、資金繰り (9)
 マーケティング (40)
 ものづくり (66)
 人づくり (59)
 商品、固有技術 (76)
 個別 事例 (46)
*画像と俳句・川柳・詩* (182)
 山の景観 (51)
 山の花、里の花(桜) (61)
 旅行、温泉 (48)
 スポーツ(運動会)、祭り (19)
 その他 (3)
*アーカイブ* (3)
 平成25年1月(1~31日) (1)
 平成25年2月(1~28日) (1)
 平成25年3月(1~31日) (1)
*ブログ主の個人情報* (54)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR