FC2ブログ
RSS

秋の経ヶ岳

 三年ぶりで経ヶ岳(1625M)に登った。
 自宅を5時50分出発。中部縦貫道路で終点の大野ICで降りたら、道に迷ってしまった。降りたところの標識が紛らわしい。大野市内を15分ほど迷走し、なんとか六呂師に至る26号線に入った。
 それでも今回は、すんなりと法恩寺林道に入ることができた。これで往復1時間ほどの労力が節減できる。林道に入って15分ほどで、駐車スペースのある登山口に着く。展望台が設置され、荒島岳が目の前に見える。

 林道入り口 H27.9.24 登山口 H27.9.24 保月山 H27.9.24

 7時20分登山開始。単独だから、ほとんど休まずに登る。保月山~釈氏ヶ岳(1448M)までは急登。そこから中岳(1467M)は、なだらかで気持ちのいい稜線である。
 ところが中岳から経ヶ岳のピークへは、いったん下ってから急登がはじまる。この1キロの長いこと。しかも道幅が狭く滑落の危険もある。急登で息が上がっているため、なおさら危ない。落ちたら這い上がる元気はない。

 釈氏ヶ岳から中岳、経ヶ岳 H27.9.24  中岳から経ヶ岳 H27.9.24

 やっとこすっとこ10時10分に頂上に着いた。登り始めから3時間弱。きつかったし身の危険も感じた。4時間かけたらもっと楽に登れたかもしれない。三角点は、標識から笹薮を北へ100Mほど進んだところにある。白山の眺めはここからのほうがいい。
 出会った登山者は15名ほどで、好天の日曜日にしては少ない。紅葉には早い中途半端な季節だからか。

 経ヶ岳頂上直下 H27.9.24 経ヶ岳三角点から白山連峰、大長・赤兎 H27.9.24

 経ヶ岳は、登りがいのある山らしい山である。大野、勝山から見ると、荒島岳と競っているように見える。100名山で後れを取ったのは、麓からの眺めであろう。経ヶ岳は前衛の山しか見えない。

 下りは約2時間。濡れた急坂にてこずってしまった。
 大野から福井は、すんなりと中部縦貫道に入ることができた。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :