FC2ブログ
RSS

秋の経ヶ岳

 三年ぶりで経ヶ岳(1625M)に登った。
 自宅を5時50分出発。中部縦貫道路で終点の大野ICで降りたら、道に迷ってしまった。降りたところの標識が紛らわしい。大野市内を15分ほど迷走し、なんとか六呂師に至る26号線に入った。
 それでも今回は、すんなりと法恩寺林道に入ることができた。これで往復1時間ほどの労力が節減できる。林道に入って15分ほどで、駐車スペースのある登山口に着く。展望台が設置され、荒島岳が目の前に見える。

 林道入り口 H27.9.24 登山口 H27.9.24 保月山 H27.9.24

 7時20分登山開始。単独だから、ほとんど休まずに登る。保月山~釈氏ヶ岳(1448M)までは急登。そこから中岳(1467M)は、なだらかで気持ちのいい稜線である。
 ところが中岳から経ヶ岳のピークへは、いったん下ってから急登がはじまる。この1キロの長いこと。しかも道幅が狭く滑落の危険もある。急登で息が上がっているため、なおさら危ない。落ちたら這い上がる元気はない。

 釈氏ヶ岳から中岳、経ヶ岳 H27.9.24  中岳から経ヶ岳 H27.9.24

 やっとこすっとこ10時10分に頂上に着いた。登り始めから3時間弱。きつかったし身の危険も感じた。4時間かけたらもっと楽に登れたかもしれない。三角点は、標識から笹薮を北へ100Mほど進んだところにある。白山の眺めはここからのほうがいい。
 出会った登山者は15名ほどで、好天の日曜日にしては少ない。紅葉には早い中途半端な季節だからか。

 経ヶ岳頂上直下 H27.9.24 経ヶ岳三角点から白山連峰、大長・赤兎 H27.9.24

 経ヶ岳は、登りがいのある山らしい山である。大野、勝山から見ると、荒島岳と競っているように見える。100名山で後れを取ったのは、麓からの眺めであろう。経ヶ岳は前衛の山しか見えない。

 下りは約2時間。濡れた急坂にてこずってしまった。
 大野から福井は、すんなりと中部縦貫道に入ることができた。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

  佐治 眞悟

Author:  佐治 眞悟
本音を言えない人たちに代わって
     酔狂じじいが吠えている
           妄言ブログです
  
ブレーンストーミングなので、
    批判厳禁、ただ乗り大歓迎です 
「拍手」いただければ、励みになります

地元中小・零細企業の応援
         経営コンサルタント             

最新記事

カテゴリ

ホーム1 当ブログの紹介  (1)
ホーム2 当事務所の事業紹介 (1)
*政治・経済* (1055)
 原発、エネルギー (147)
 歴史認識、軍事、外交 (268)
 経済、貿易、財政、税制 (131)
 憲法、法律、選挙、裁判 (96)
 政治家、政策、政局 (244)
 インフラ、防災、環境、人口 (123)
 食糧、農林漁業 (46)
*社会・哲学* (1059)
 社会一般 (166)
 高齢化、医療、死生観 (263)
 格差、差別、弱者、女性 (98)
 時事、事件 (75)
 マスコミ、広報、ネット (55)
 文化、スポーツ、演劇 (87)
 教育、学問、科学、宗教 (49)
 生物、進化論 (26)
 山行、県外旅行 (112)
 地域、町内、祭、イベント (128)
*経営* (514)
 中小企業施策 (76)
 経営革新、戦略、手法 (97)
 知財、著作権、情報 (11)
 リスク (35)
 再生、倒産、資金繰り (9)
 マーケティング (40)
 ものづくり (65)
 人づくり (59)
 商品、固有技術 (76)
 個別 事例 (46)
*画像と俳句・川柳・詩* (182)
 山の景観 (51)
 山の花、里の花(桜) (61)
 旅行、温泉 (48)
 スポーツ(運動会)、祭り (19)
 その他 (3)
*アーカイブ* (3)
 平成25年1月(1~31日) (1)
 平成25年2月(1~28日) (1)
 平成25年3月(1~31日) (1)
*ブログ主の個人情報* (54)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR