FC2ブログ
RSS

北朝鮮首領への斬首作戦

 日本ができることは、ジジイの決死隊によるパラシュート降下襲撃か、ババアの決死隊によるハニートラップ

 北朝鮮のミサイル発射とそれに続く、水爆実験を受けて世界中は大騒ぎである。これまで6回も核実験を行ったということは、すでに実質的な核保有国である。弱冠33歳の金正恩は、これで一気にカリスマ党首に躍り上った。

 さてどうするか。数十年来のいきさつから、北朝鮮には「話し合い」も「経済制裁」もまったく効き目がないことがわかっている。かっての6か国協議は、北朝鮮の時間稼ぎに遣われてしまい、経済制裁では肝心の石油を止めることは物理的にできないらしい。

        斬首作戦

 残るは、力づくしかない。
 先制武力攻撃は日本単独ではできない。圧倒的な武力を有するアメリカ頼みである。これでは情けない。日本でもできることはないか。
 韓国では、金正恩を狙う「斬首作戦部隊」を結成したという。先日韓国の国防部長官は、国会国防委員会で、北朝鮮の金正恩を直接狙う「斬首作戦」について、「概念の確立中であり、今年12月1日付で部隊を創設し戦力化することができる」と明らかにした。


 日本も斬首作戦をやろう。憲法の制約があるなら、斬首作戦の参加者は無国籍者になればいい。じじいの決死隊100人もいればできる。機会を捉えて、100人がパラシュートで襲い掛かる。もちろん訓練は自衛隊で秘密裏に行う。生き残ったじじいは国籍回復し、国民栄誉賞を与える。全滅したら波状攻撃である。
 金正恩に対するハニートラップ作戦も捨てがたい。これはババアの決死隊の出番となる。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :