FC2ブログ
RSS

日野皓正の往復ビンタ

 「体罰」を受けた中学生は大物である。これを勲章にして世界的なドラマーになる

 トランペット奏者の日野皓正氏が、世田谷のコンサート会場で、ドラムを演奏していた男子中学生の顔に往復ビンタを加えていた。コンサートは中学生体験学習のひとつで、日野氏の指導を受けて練習した生徒約40人が成果を発表する場だった。日野氏は、生徒の保護者に対し「生徒のソロ演奏が長くなりすぎたので、止めようとした」と説明。また終了後には、ビンタの生徒とも話し合ったらしい。

 もちろん、中庸を知らない原理主義のメディアや教育関係者にとって、なにがあろうと「体罰」は絶対厳禁である。表ざたになったとたん、TVのワイドショウなどに取り上げられ、格好の攻撃材料となるに違いない。番組制作者は、いい時事ネタができたと思って喜んでいる。

             ゴミ

 しかし、体罰が絶対悪であるはずはない。時と場合によって、(少なくとも一生に一度は)必要なこともある。この場合も、前後の事情を聞いたうえで動画を見ると、少年そして世間の過ちを正す、千載一遇の機会であったように見える。現にネット世論では、日野氏の行動を賞賛する声が圧倒的に多い。動画がなければ、ただの暴力事件で終わっていたはずだ。
 
 「ビンタ」に至ったいきさつは、以下の通りである。
 件の中学生がドラムを暴走させ、ソロを延々とやり続け、他のパートに回さなかった。いくら止めようとしても止まらず、日野氏が近づいて口頭で注意。それでもやまず、ステックを取り上げるが、この中学生、今度は手で叩きだした。その状態でしばらくにらみ合った後、最後の手段として、左右の張り手を一発づつ送り込んだ。

 ここで何もしなかったら、公演どころか、その中学生の人生も悲惨なものになった。アメリカなら、射殺されていたかもしれない。日本の子どもは、何をしても罰せられないとなれば、将来一段と犯罪者が増える。


 それにしても、「体罰」を受けた中学生は大物である。こんなことでひるむはずはない。これを勲章にしてこの先を歩んでいけば、必ず世界的なドラマーになる。もしこの「体罰」が無かったら、ただの嫌われルンペンじじいになっていたであろう。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

  佐治 眞悟

Author:  佐治 眞悟
本音を言えない人たちに代わって
     酔狂じじいが吠えている
           妄言ブログです
  
ブレーンストーミングなので、
    批判厳禁、ただ乗り大歓迎です 
「拍手」いただければ、励みになります

地元中小・零細企業の応援
         経営コンサルタント             

最新記事

カテゴリ

ホーム1 当ブログの紹介  (1)
ホーム2 当事務所の事業紹介 (1)
*政治・経済* (1056)
 原発、エネルギー (147)
 歴史認識、軍事、外交 (269)
 経済、貿易、財政、税制 (131)
 憲法、法律、選挙、裁判 (96)
 政治家、政策、政局 (244)
 インフラ、防災、環境、人口 (123)
 食糧、農林漁業 (46)
*社会・哲学* (1060)
 社会一般 (166)
 高齢化、医療、死生観 (264)
 格差、差別、弱者、女性 (98)
 時事、事件 (75)
 マスコミ、広報、ネット (55)
 文化、スポーツ、演劇 (87)
 教育、学問、科学、宗教 (49)
 生物、進化論 (26)
 山行、県外旅行 (112)
 地域、町内、祭、イベント (128)
*経営* (514)
 中小企業施策 (76)
 経営革新、戦略、手法 (97)
 知財、著作権、情報 (11)
 リスク (35)
 再生、倒産、資金繰り (9)
 マーケティング (40)
 ものづくり (65)
 人づくり (59)
 商品、固有技術 (76)
 個別 事例 (46)
*画像と俳句・川柳・詩* (182)
 山の景観 (51)
 山の花、里の花(桜) (61)
 旅行、温泉 (48)
 スポーツ(運動会)、祭り (19)
 その他 (3)
*アーカイブ* (3)
 平成25年1月(1~31日) (1)
 平成25年2月(1~28日) (1)
 平成25年3月(1~31日) (1)
*ブログ主の個人情報* (54)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR