FC2ブログ
RSS

クマよけ鈴の効き目

 山に登るとき、いつもクマよけ鈴をつけている。素人みたいでかっこ悪いが、麓にたいてい「熊に注意」の看板があるので、すこしましと思って鳴らしている。リュックにぶら下げると、必要ないときでもカンカン鳴り続ける。白山室堂で買った大き目のもので、うるさくてしょうがない。クマは嫌がるかもしれないが、なぜかアブやハチが寄り付くようになった。
 そこで、最近は腰ベルトにぶら下げている。鈴が絶妙な位置にあるので扱いやすい。手で押さえれば、音量も調節できる。

         クマよけ鈴玉

 ところで、ほんとにクマよけ鈴は効き目があるのか。
 ネットで調べても、はっきりしたことはわからない。狩猟は別として、クマ遭遇事故のうち純然たる登山によるものは、全体の1~2%しかないという。1年に1回にも満たない。これでは、鈴の効き目があるかどうかよくわからない。

 そのうえ山では、クマ遭遇と同じくらい危険な事故に「落雷」がある。金属の鈴は大きいほど雷を呼び込む。腰の前にぶら下げていると、大事なところをやられる。命を守るという観点なら、鈴は気休めであろう。

 もっとも、山でクマや雷に遭遇する確率は、宝くじで1等に当選するより少ない。もし、不幸にしてこれらに遭ってしまったら、2度とない経験になる。喜んであきらめるのがいちばんである。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :