FC2ブログ
RSS

慰安婦が萌える

 日本中の萌えクリエータが知恵を絞れば、クールジャパンのしゃれた少女像ができる

 韓国で、慰安婦を象徴する少女像を、座席に設置した路線バスが運行を始めたという。プラスチック製で、高さは約1.3メートル。ソウル市内で、日本大使館の近くを通るバス5台の座席に座っている。記念乗車したソウル市長は、像に触れながら「バスに乗りながら少女像を見て、慰安婦として犠牲になった多くの人々を追悼することができる」として、少女像バスの走行を歓迎した。写真では、市長の行為こそ痴漢のように見えるのだが。

 もちろん日本政府は、黙っているわけにはいかない。官房長官は記者会見で、「日韓は未来志向の関係を発展させようと努力している。その努力に水を差すことになりかねない」と述べ、外交ルートを通じ、適切な対応を取るよう韓国側に要請したことを明らかにした。 

            なんんじゃら仏

 しかしこんな抗議ごときで、少女像増設を止める韓国ではない。日本からの反応があればあるほど、嫌がらせはヒートアップしていく。つぎは新幹線、豪華客船、飛行機とエスカレートしていくに違いない。いずれ宇宙ロケットやミサイルにまで少女像を乗せると言い出しかねない。
 もちろんゆすり行為は、「慰安婦」だけで治まらない。徴用工、文化財、在日強制連行など、ネタはいくらでも作れる。

 ではどうするか
 お薦めは、放っておくことである。日本側が反応すればするほど韓国民は増長する。日本側では、工作員の手先であるマスコミは騒ぐだろうが、日本政府や国民は何もしなければいい。今の政府対応はいまいちである。何もしないでおけば、韓国民もそのうちバカらしくなる。そうならなかったら、本物のバカである。

            貧困女性 

 それでは我慢できない、韓国側に一矢報いたい、という人はどうするか。あるいは本物のバカだったら・・・。並みの手段では治まらない。

 定番は、相手の打ちたいところに打つ。反転攻勢である。
 たとえば、「萌え慰安婦」画像をつくって、大量に送りつける。政府機関や報道機関、ブログや新聞投稿、あらゆるところに送る。量で圧倒するのがコツである。できれば立体像がいい。日韓両国民が、毎日何回も「萌え慰安婦」画像を目にすることになれば、本家の「慰安婦」像は埋没してしまう。一種のサイバー攻撃である。

 いまのところ、まともな「萌え慰安婦」像は見たことがない。また、ひとつ間違うと大きな誤解を生む。それでも、日本中の萌えファンと作家が必死で創造すれば、クールジャパンのしゃれた少女像がいくつもできる。
 とにかく質より量である。また断固として反発にへこたれない。中国に「日本鬼子」とバカにされたとき、「鬼子人形」や「萌え鬼子」の画像を大量に生み出した創造力を、今一度発揮していただきたい。

 ま、これも「対話」のひとつである。
 「大震災をお祝いします」のような挑発や、直接戦闘を交えるよりはいい。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :