FC2ブログ
RSS

諜報・工作活動

 いまや全ての報道は、眉につばをつけて聞かなければならない

 このブログの中で、私はときどき「中国の工作員の野党やメディア」と記述している。これには違和感のある人も多いと思う。

 ただ私は、根拠なしにこんなことを書いているのではない。米国の議会報告では具体的な工作が明らかになっており、日本でも「日本国内で中国や北朝鮮の工作員の動きが、活発化している。安倍政権を攻撃するものだ」とする報道もある。日本の仮想敵国ははっきりしている。世界は新たな冷戦に突入し、諜報・工作合戦のさなかにいる。日本を弱体化させようとする報道、議会・市民活動など状況証拠はいくらでもある。何もないと考える方がおかしい。

 孫子の兵法に、「戦わずして人の兵を屈するは、善の善なるものなり。」とある。
 自国が有利になるため、直接の戦闘で優劣を決めるのは、最後の最後である。ドンパチの戦争になれば、自分たちも無傷ではいられない。負けなくても、財政や人的負担は半端ではない。したがって戦争では、戦闘しないで相手を破ることほど有利なことはない。
 さらに孫子の兵法には、「兵とは詭道なり」とある。つまり、「戦とは相手を欺くことである」。

     怪しい

 アメリカの大統領選は、ロシアのサイバー介入で大きく左右された。韓国では、北朝鮮のメディア工作が国民感情を煽り、無実の大統領を弾劾にまで追い込んでしまった。日本も韓国と同じようなことが起こりつつある。日本には、長い時間かけてマスコミに工作員が入り込み、組織を牛耳っている。もともと日本のメディアは、GHQのプレスコード、ラジオコードで、牙を抜かれている。そのなかに中国などの息のかかった工作員が入りこんだら、「普通の」日本人は居場所がなくなる。

 もとより中国は、諜報・工作において、年季が入っている。三戦(世論戦、法律戦、心理戦)による歴史問題などで、日本が追い込まれてきたのは周知の事実である。


 沖縄は完全に、中国の工作活動で混乱している。2つしかない新聞社は反基地合戦の巣屈であるし、「市民」活動家への資金供与は公然たる秘密である。本土でも、朝日・毎日が汚染されている。さらにほとんどの地方紙と放送局が、工作員に牛耳られてしまった。ここ数年の新聞報道、社説の理不尽さを見れば実感するはずである。もちろん、政界にも入り込んでいる。大方はハニートラップで籠絡され、なかには国籍を隠そうとするものもいる。
 もっと問題なのは、多くは本人に自分が工作活動をしているという認識がないことである。

 だから全ての報道は、眉につばをつけて聞かなければならなくなった。もうTVや新聞を信用すべきではない。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :