FC2ブログ
RSS

夏の3の峰

 3の峰は、石川県側のピークとは別に、極楽のような「越前3の峰」があった

 今日、久しぶりに3の峰に登った。味気ない山名であるが、格付けは白山連峰の次男あたりで、標高2128M。日本100名山の荒島岳より600Mも高い。上小池登山口からの標高差は1178Mで、勝原からの荒島岳(1160M)とほぼ同じ。標準コースタイムは、登り4時間10分である。 

 早朝5時、自宅出発。158号線から鳩ヶ湯への道に入る。細い道をおっかなびっくりで延々21キロ走り、うんざりしたころ上小池駐車場に6時30分着。連休初日とあって、県内外の車が約20台停まっていた。登山口まで20分ほど歩いて、7時に登山開始。
 メインの尾根筋にあたる6本檜の峠には、8時20分についた。
 ここからが長いし暑い。2リットルほど担いできた水の無くなるのが早い。軽くなるのはいいのだが、最後までもつかどうか。水が切れたら干乾しになる。そのうえ、ところどころ急峻で狭い道もある。転んで落ちたら、ただでは済まない。

 3の峰登りから赤兎、大長、経ヶ岳 H29.7.15 剣ヶ峰までの登り ササユリの道 H29.7.15 3の峰頂上で H29.7.15

 5年前に来たときは、秋の紅葉が素晴らしかった。今日はその代わり、高山植物が歓迎してくれた。6本檜から剣ヶ峰付近までは、ササユリ。そこから3の峰までは、ニッコウキスゲの群生である。ササユリとニッコウキスゲを中心に、いろんな花が疲労を慰めてくれる。滑落の恐怖も和らぐ。
 ピークに着いたのが、12時である。

 3の峰頂上から白山、別山 H29.7.15   越前3の峰ピークあたりお花畑 H29.7.15  越前3の峰頂上 H29.7.15

 じつは3の峰のピークは2つある。石川県の3の峰とは別に、小屋から南に約5分登ったところに、いつの間にか「越前3の峰」ができていた。標高2095Mで、ここが福井県の最高峰である。3角点らしき角柱もこちらの方にある。そしてこのピーク付近は、ニッコウキスゲの群生が見事であった(写真下の中)。まさに極楽浄土である。
 
 暑さのせいもあって、コースタイムは完全無視。
 時間と体力があれば、3の峰から別山にかけての別山平あたりに足を延ばそうと思っていたが、とんでもない。疲労困憊で、登山口の駐車場についたのは午後3時である。その代わり、新装なった鳩ヶ湯温泉に浸かって、リンゴジュースと無料の冷水を山ほど飲んだ。ここでビールを飲めないのは、ナマ殺し地獄である。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :