FC2ブログ
RSS

大災害の世紀

 毎年50兆円の財政出動と高齢者の勤労徴兵で、堅牢な国土をつくる

 北九州が未曽有の大水害に見舞われた。なにしろ福井豪雨をはるか超える、1時間に100~130㎜の豪雨が、数時間にわたり、広範囲に発生したのである。1週間以上経っても、ようやく25人の死亡を確認しただけで、まだ20人以上と連絡が取れていないという。捜索は続けられているが、犠牲者の発見場所は広範囲にわたる。大量の流木や崩れた土砂も影響して捜索は長びく。

 このような極端な集中豪雨が増えたのは、あきらかに温暖化の影響である。必ずこれからも発生する。おそらくこれまでの河川対策では対応できない。それに災害は豪雨だけではない。世界各地で、異常な現象が発生している。日本では30年以内に、南海トラフ地震とそれに伴う大津波に襲われる。超巨大地震、さらに壊滅的な大噴火の兆候もある。

 大噴火は、九州ほどの地域を壊滅させる。これに見舞われたらどうしようもない。その場合は、年貢の納め時である。あきらめたほうがいい。もともと日本は、位置、地形、地質、気候などの国土や自然条件から、自然災害に対しきわめて脆弱である

        あの世への架け橋 H27.9.26     

 しかし、全員があきらめる必要はない。とくに若い人は、災害に立ち向かうべきである。
 そしていまこそ、災害に強い日本をつくるチャンスである。

 ひとつは、しなやかな構造物をつくる。災害で破壊されてもすぐ復活できる、船型や飛行機型の家屋も考えられる。知恵と工夫で新しい住居の態様を開発する。これなら復興など簡単にできる。

 それでも原則は、堅牢なインフラ整備である。人口密集地は、簡単に破壊されるようでは困る。頑丈な堤防に、耐震構造の家屋をきちんと整備する。人口減少の時代にできないわけがない。


 具体的に災害対策のために、毎年50兆円を遣う。国民一人当たりたった50万円である。継続して財政出動すれば、日本の建設業が復活し国民の懐も潤う。お金と技術が国民に蓄えられれば、復興は容易である。政府の財政赤字は関係ない。むしろ豊かな個人が自力で復興したほうが早い。


 問題は、技術者の人手不足である。
 緊急事態として、高齢者の徴兵制を確立する。これで2000万人の技術者が生まれる。中国と北朝鮮に対応する「じじいの決死隊」は、その一部を活用することができる。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

  佐治 眞悟

Author:  佐治 眞悟
本音を言えない人たちに代わって
     酔狂じじいが吠えている
           妄言ブログです
  
ブレーンストーミングなので、
    批判厳禁、ただ乗り大歓迎です 
「拍手」いただければ、励みになります

地元中小・零細企業の応援
         経営コンサルタント             

最新記事

カテゴリ

ホーム1 当ブログの紹介  (1)
ホーム2 当事務所の事業紹介 (1)
*政治・経済* (1056)
 原発、エネルギー (147)
 歴史認識、軍事、外交 (269)
 経済、貿易、財政、税制 (131)
 憲法、法律、選挙、裁判 (96)
 政治家、政策、政局 (244)
 インフラ、防災、環境、人口 (123)
 食糧、農林漁業 (46)
*社会・哲学* (1060)
 社会一般 (166)
 高齢化、医療、死生観 (264)
 格差、差別、弱者、女性 (98)
 時事、事件 (75)
 マスコミ、広報、ネット (55)
 文化、スポーツ、演劇 (87)
 教育、学問、科学、宗教 (49)
 生物、進化論 (26)
 山行、県外旅行 (112)
 地域、町内、祭、イベント (128)
*経営* (514)
 中小企業施策 (76)
 経営革新、戦略、手法 (97)
 知財、著作権、情報 (11)
 リスク (35)
 再生、倒産、資金繰り (9)
 マーケティング (40)
 ものづくり (65)
 人づくり (59)
 商品、固有技術 (76)
 個別 事例 (46)
*画像と俳句・川柳・詩* (182)
 山の景観 (51)
 山の花、里の花(桜) (61)
 旅行、温泉 (48)
 スポーツ(運動会)、祭り (19)
 その他 (3)
*アーカイブ* (3)
 平成25年1月(1~31日) (1)
 平成25年2月(1~28日) (1)
 平成25年3月(1~31日) (1)
*ブログ主の個人情報* (54)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR