FC2ブログ
RSS

日本人は覚悟できるか

 日本人の「覚悟」を、米国人に促されるほど恥ずかしいことはない

 一昨日の「日本人の覚悟」は、日本人にとって現実性のない過激な発言である。大多数の日本人は、聞く耳すら持たないであろう。
 5日のフジTV プライムニュースでも、一人の米国人を除いた3人は、ここに至ってはもう北朝鮮と「対話」するしか解決する方法がないと述べていた。保守論客の武貞秀士氏(拓殖大特任教授)ですら、「アメリカは北朝鮮を攻撃できないし、しない」と述べ、米朝、南北、日朝の間での「対話の開始」を提唱していた。

      死の淵
  
 しかしこの番組で、私とまったく同じ意見を述べた人がいた。元アメリカ国務省本部長のケビン・メア氏である。
 彼は、以下のように述べていた。
 『北朝鮮を攻撃したら、ソウルだけでなく日本も報復される。核爆弾に加え、化学兵器や細菌兵器を搭載したミサイルが、雨あられのように降ってくる。朝鮮戦争のときの犠牲者を超える可能性もある。それでも叩いておかなければ、北朝鮮はミサイル能力を増強する。最悪なのは、ISなどのテロ集団に核兵器が渡ることだ。』

 そうなったら北朝鮮は、核兵器をちらつかせて周辺諸国を脅すだけでない。テロ集団による、強請り集りの際限がなくなってしまう。核爆弾による自爆テロも頻発する。これこそ悪魔の世紀である。
 最後に彼は、まさに「覚悟」をキーワードに、「先制攻撃」を推していた。

 日本人の「覚悟」を、米国人に促されるほど恥ずかしいことはない。それでも覚悟さえ決めれば、あとは安心である。それ以上最悪の事態にはならない。いまのままでは北朝鮮の思う壺である。対話などで北朝鮮が、核放棄するはずはない。

 もっとも、日本人が覚悟したからといって、米国人が安心してはいけない。北朝鮮のつぎはアメリカである。アメリカを核攻撃する権利は、日本にしかないからである。

      不思議なバランス H28.8.19

 たしかにこの考え方は、極端である。
 だが、佐伯啓思氏の言葉を借りれば、真実は中庸にある。現代日本のように、一方に偏った意見だけ聞いていては、「ほどほど」や中庸はありえないのである。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

  佐治 眞悟

Author:  佐治 眞悟
本音を言えない人たちに代わって
     酔狂じじいが吠えている
           妄言ブログです
  
ブレーンストーミングなので、
    批判厳禁、ただ乗り大歓迎です 
「拍手」いただければ、励みになります

地元中小・零細企業の応援
         経営コンサルタント             

最新記事

カテゴリ

ホーム1 当ブログの紹介  (1)
ホーム2 当事務所の事業紹介 (1)
*政治・経済* (1056)
 原発、エネルギー (147)
 歴史認識、軍事、外交 (269)
 経済、貿易、財政、税制 (131)
 憲法、法律、選挙、裁判 (96)
 政治家、政策、政局 (244)
 インフラ、防災、環境、人口 (123)
 食糧、農林漁業 (46)
*社会・哲学* (1060)
 社会一般 (166)
 高齢化、医療、死生観 (264)
 格差、差別、弱者、女性 (98)
 時事、事件 (75)
 マスコミ、広報、ネット (55)
 文化、スポーツ、演劇 (87)
 教育、学問、科学、宗教 (49)
 生物、進化論 (26)
 山行、県外旅行 (112)
 地域、町内、祭、イベント (128)
*経営* (514)
 中小企業施策 (76)
 経営革新、戦略、手法 (97)
 知財、著作権、情報 (11)
 リスク (35)
 再生、倒産、資金繰り (9)
 マーケティング (40)
 ものづくり (65)
 人づくり (59)
 商品、固有技術 (76)
 個別 事例 (46)
*画像と俳句・川柳・詩* (182)
 山の景観 (51)
 山の花、里の花(桜) (61)
 旅行、温泉 (48)
 スポーツ(運動会)、祭り (19)
 その他 (3)
*アーカイブ* (3)
 平成25年1月(1~31日) (1)
 平成25年2月(1~28日) (1)
 平成25年3月(1~31日) (1)
*ブログ主の個人情報* (54)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR