FC2ブログ
RSS

29年版の5段階評価

 オリジナルの5段階評価表の改訂版である。

4~5年前に作ったものをベースに、1~2年ごとに、少しづつ手を加えている。ざっと見ただけでは、どこが変わったかわからない。それでもあと50したら完成し、新理論として定着しているかもしれない。



平成29年版5段階評価表

 

年代別

ルールの対応

自分が間違ったとき

他人の間違いに対し

会議や会話のとき

会員(お客)として

他人や組織を見る目

①いなければいけない人

25歳以下

(子孫を増やす)

新しくルールを作る

間違いを反省し是正する(賢人)

具体的適切な解決策を提示する

他人に話すように仕向ける

会の維持・改善に努める

いいところしか見えない

②いたほうがいい人

2540

(子孫を育てる)

ルールを改善する

間違えて、謝ってばかりいる(善人)

的外れな解決策を提示する

発言の内容が面白い

きちんと会費だけは払う

いいところを指摘する

③いてもいなくてもいい人

4060

(子孫を見守る)

ルールどおり仕事する

間違いを起こさない(見習い)

無関心

たまに話しても、面白くない

催促しないと会費を払わない

何もわからない

④いないほうがいい人

6080

(子孫のお世話になる)

ルールを守らない

自分の間違いがわからない(愚人)

解決策を持っているのに提示しない

ほとんどしゃべらない

文句ばかり言う

悪いところしか見えない

⑤いてはいけない人

80歳以上

(子孫の足を引っ張る)

ルールを変えようとしない

間違いを認めない(悪人)

非難・批判ばかりする

自分のことばかり話す

脱退を勧誘する

悪いところだけ指摘する


             にらみ H28.12.5

 

今回加わったのは、「他人や組織を見る目」である。

組織の人材育成や自己啓発のための心構えとして、肝に銘じたい。

 

たとえば、他人や政治家の悪口しか言わない評論家がいる。政権に対する、野党やメディアの反応を見ると、まさに「⑤いてはいけない人」に成り下がってしまった。憲法改正論議に関する「ルールの対応」への姿勢も最低である。その他の項目についても、ろくな評価はできない。    

そのような「いてはいけない人」のいいところを探すことが、はたしてできるであろうか。


 ちなみに、私自身の自己評価は④である。まだ下には下がいる。


スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :