FC2ブログ
RSS

越前一丁締め

 手締めを引き受けた人は、「越前一丁締め」の普及に努めていただきたい

 宴会の最後に、「締め」を頼まれることがある。これは日本独特の風習らしい。むかしは大仰な「万歳三唱(一唱?)」が多かったが、最近では「手締め」が増えた。この手締めにも、いろんなランクがある。本格的なのが「三本締め」で、それを簡単にしたのが「一本締め」である。さらなる簡易版を「一丁締め」という。「一丁締め」を「関東一本締め」ともいうから、ややこしい。

三本締め(正式版)
 「いよーお」ではじまり、「パパパン パパパン パパパン パン」の手拍子を3回繰り返す。ここで「いよーお」は、「祝おう」からのかけ言葉である。また、3回の手拍子の間に、「よっ」、「もう一丁」などの掛け声を入れると景気づく。

一本締め(やや簡易版)
 手を10回叩くことで、会の締めを行う方法である。基本的なリズムは「いよーお!パパパン、パパパン、パパパン、パン」である。10回という数は、最後に会が問題なく丸くおさまるということを意味し、それに感謝して行うのが一本締めだという。

一丁締め=関東一本締め(簡略版)
 「いよーお パン!」で、一回だけ手を叩いて締める。手締めをもっとも簡単にしたもので、最近はこれが多くなった。ただ、正式なパーティではやらない。

      雷電

大阪締め
 そのほか、大阪には「大阪締め」というのがあるらしい。打~ちまひょ(パン パン)、も一つせ(パン パン)、いおう(祝う)て三度(パパン パン)と、のんびりとした手締めである。あまり聞いたことがない。

越前一丁締め
 そういえば、むかしどこかで「越前一丁締め」というのを見たことがある。
 これは参加者全員に、不知火型土俵入りのように、両手・両足を大きく開いてもらい、へその前で一回柏手を打つ方式である。和服やタイトスカートの女性は、それほど足を広げなくてもいいそうだ。傍流ながら、「越前文化遺産」の可能性がある(あまり信じないほうがいい)。


 もともと手締めの音頭は、とどこおりなく宴席を終了させた主催者側が、「無事終りました」と感謝のために行うものである。したがって手締めは、来賓に頼んではいけない。主催者でないのに、手締めを引き受けてしまった人は、仕方がない。このブログ記事を参考に、オリジナル「越前一丁締め」の普及に努めていただきたい。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :