FC2ブログ
RSS

日本の核武装を急げ

 北朝鮮攻撃が頓挫し、「核保有国は攻撃されない」という神話が現実化した

 日本海で訓練していた、米軍の空母2隻を含む機動部隊が、周辺を離れるという。ひと頃騒がれた北朝鮮危機がひとまず遠ざかった。

 しかしこれは、問題が先送りになっただけだ。我々はゆで蛙になってしまった。
 これから確実に北朝鮮は、核弾頭の性能を格段にレベルアップさせる。ICBMを含む核ミサイルを、無数に保有する。世界は北朝鮮の思いのままで、破滅すれすれ恐怖の暗黒時代が始まる(つい先ほども、北朝鮮がミサイルを発射したというニュースが入った)。

     いまに見て色鳥

 さらに問題なのは、「核保有国は攻撃されない」という神話が、いっそう真実味を帯びてきたことである。
 現にアメリカの国防長官は、「我々が北朝鮮を攻撃すれば、反撃によって信じられない悲劇になる。」と腰が引けている。あれだけ戦争好きな米軍でさえ、一度たりとも核保有国は攻撃しなかった。米国以外にもこれまで核保有国を大規模攻撃した国はない。もちろん核による報復を恐れているからである。

 したがって今回アメリカが、北朝鮮攻撃に踏み切らなかったらどうなるか。自衛のために、世界中の国々が核保有に向かう。大特急で日本も核開発を推進しなければならない。開発は極秘に行う。日本に山ほどあるプルトニウムの有効活用の道も、一気に開ける。
 平和主義などと、ボケのたわごとを並べている暇はない。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :