FC2ブログ
RSS

北風と太陽

 太陽政策は、相手を焼き尽くすまで徹底的にやって、はじめて有効である

 北朝鮮の緊張した情勢が、中だるみしてしまった。その間に北朝鮮は、着々とミサイル・核技術を向上させている。14日には、新型中距離弾道ミサイル「火星12」が発射された。高度2000キロにも達し、下降時の高熱にも耐えたという。昨日も1発発射された。もうワヤクソである。

 勢いづいた朝鮮中央通信では、「実戦配備された核兵器を含む我々の全ての軍事的攻撃手段は、米本土と共に日本に駐屯する米軍基地にも照準を合わせ、発射の瞬間だけを待っている」と恫喝している。
 これはまさに北朝鮮包囲網に反発し、開発を加速させてきた結果である。トランプ政権の「北風」対応が、裏目に出てしまった。

     光る太陽

 そのため、評判の悪かった「太陽政策」が、ここにきて注目を浴びるようになった。土曜日のテレビ番組(正義のミカタ)では、辺真一氏(コリアレポート編集長)が、つぎのように述べている。
 『北風政策では反発を招き、核開発は加速してしまう。またこれまでの太陽政策は、中途半端であった。以前に融和政策をとろうとしたときも、いろんなことを言う人がいて、中途半端でご破算になった。解決のためには、徹底した太陽政策を行うべきである。』

 たしかに、いまのトランプ政権のやり方も、まことに中途半端である。大型空母を北朝鮮近くに派遣したかと思ったら、国防長官が「我々が北朝鮮を攻撃すれば、反撃によって信じられない悲劇になる。」と、腰の引けたようなことを言っている。
 これでは、圧力が逆効果になる。


 それならこの際、太陽政策を徹底的にやったらいい。とことん太陽で暖め、もういいといっても容赦しない。最後は太陽の熱で焼きつくす。核融合爆弾である。太陽政策は、そこまでやって、はじめて効果がある。中途半端はいけない。
 「中途半端」と「ほどほど」は、似て非なるものである。
 もう時間がない。遅れれば遅れるほど、被害が深刻になる。われわれは、覚悟を固めるべきである。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

  佐治 眞悟

Author:  佐治 眞悟
本音を言えない人たちに代わって
     酔狂じじいが吠えている
           妄言ブログです
  
ブレーンストーミングなので、
    批判厳禁、ただ乗り大歓迎です 
「拍手」いただければ、励みになります

地元中小・零細企業の応援
         経営コンサルタント             

最新記事

カテゴリ

ホーム1 当ブログの紹介  (1)
ホーム2 当事務所の事業紹介 (1)
*政治・経済* (1056)
 原発、エネルギー (147)
 歴史認識、軍事、外交 (269)
 経済、貿易、財政、税制 (131)
 憲法、法律、選挙、裁判 (96)
 政治家、政策、政局 (244)
 インフラ、防災、環境、人口 (123)
 食糧、農林漁業 (46)
*社会・哲学* (1060)
 社会一般 (166)
 高齢化、医療、死生観 (264)
 格差、差別、弱者、女性 (98)
 時事、事件 (75)
 マスコミ、広報、ネット (55)
 文化、スポーツ、演劇 (87)
 教育、学問、科学、宗教 (49)
 生物、進化論 (26)
 山行、県外旅行 (112)
 地域、町内、祭、イベント (128)
*経営* (514)
 中小企業施策 (76)
 経営革新、戦略、手法 (97)
 知財、著作権、情報 (11)
 リスク (35)
 再生、倒産、資金繰り (9)
 マーケティング (40)
 ものづくり (65)
 人づくり (59)
 商品、固有技術 (76)
 個別 事例 (46)
*画像と俳句・川柳・詩* (182)
 山の景観 (51)
 山の花、里の花(桜) (61)
 旅行、温泉 (48)
 スポーツ(運動会)、祭り (19)
 その他 (3)
*アーカイブ* (3)
 平成25年1月(1~31日) (1)
 平成25年2月(1~28日) (1)
 平成25年3月(1~31日) (1)
*ブログ主の個人情報* (54)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR