FC2ブログ
RSS

トップスキャンダル

 日本とその同盟国に対する「仮想敵国」の工作が、着々と実を結んでいる

 トランプ大統領が、ロシア疑惑に絡んだ捜査の終結をFBI長官に求めたという報道から、アメリカ議会では、大統領の弾劾を要求する声が強まってきた。大統領の行動には、その他にも多くの疑念が寄せられており、弾劾されなくても辞任に追い込まれる可能性も大きい。過去のウォーターゲート事件を超えるスキャンダルになる、という人もいる。

 日本でも、森友学園騒動が下火になりかけたと思ったら、こんどは「加計学園」が出てきた。安倍晋三首相の知人が経営する学園が、国家戦略特区に獣医学部を新設しようとするとき、内閣府が文科省に「官邸最高レベルが言っている」と伝えた。この日時や出席者が特定された文書があったという。
 重箱の隅をつつくことしかできない連中にとって、格好の時間稼ぎにはなる。

        毒ネズミ
   
 韓国では朴大統領が弾劾され、北朝鮮傀儡のような政権ができたことと合わせると、日本とその同盟国に対する「仮想敵国」の工作が、着々と実を結んでいることがわかる。小さな不祥事を大火事に煽り立て、その政権を退陣させるのが、工作員の使命である。

 だからこんなことでいちいち退陣する必要は、まったくない。その前に政治家の成り手が無くなる。もしいたとしても、清潔なだけで何もできない、木偶の棒人形である。「仮想敵国」の工作員はそれを狙っている。絶対、その手に乗ってはいけない。

 それに、もともと破天荒なトランプ大統領の行状はともかく、朴元大統領や安倍首相のスキャンダルなど、誤差の範囲である。なにごともほどほどである。賄賂でハレムをつくったわけではない。トップが何もできなかったら、政治の意味がない。 
 日本は、チマチマしたことばかりやっているから、トップ役人の権力が強い中国や北朝鮮に、飲み込まれてしまうのである。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :