FC2ブログ
RSS

日本の経常収支黒字

 海外投資は回収できるかどうかわからず、黒字はいつまでも続かない

 今月財務省が発表した国際収支速報によると、2016年における日本の経常収支は、20兆2000億円と、前年より13%拡大した。内訳は、貿易収支が5兆7600億円の黒字で、前年度の約17.5倍に拡大。原油価格が下落し、輸入額が10%減ったのが大きい。また旅行収支が、ここ数年1兆円余り黒字になっている。

 普通に考えれば、経常収支が毎年黒字ということは、日本にお金が溜まっていることを意味する。この状況が続けば、政府の財政赤字による破たんはない。高齢化で内需拡大が期待できないことから、政府はいっそう財政出動を拡大すべきである。どうせ国内に入ったお金は、黙々と貯金されるだけである。

    たそがれのうば桜 H28.4.09

 しかし貿易収支は、原油価格に大きく左右される。いまは原油価格が安すぎる。通常に戻れば5~6兆円の黒字など、吹っ飛んでしまう。旅行収支も、中国人の旅行者が日本に来なくなればマイナスになる。
 またトランプ政権は、対日貿易赤字を問題視していることから、最大の貿易黒字を稼いでいる米国への輸出も、減少する可能性が大きい。

 さらに、海外投資から得られる利子や配当を示す第1次所得収支の黒字額は、昨年比13.7%減(18兆円)であった。江守商事や東芝にみられるように、日本企業の海外投資はきわめて怪しい。ほんとに儲かっているかどうかわからない。かろうじて、日本への配当は出していても、不良債権の可能性がある企業ばかりである。
 したがって、なにかのきっかけで、日本の海外投資のほとんどが回収不能になるかもしれない。なにしろ海外からの投資資金を、まともに返済してきたのは、日本だけなのである。
 だから、いま経常収支が黒字といっても、いつまでも続くかどうかわからない。


 もっともそのとき世界は、リーマンショックを超える大恐慌である。
 結局、どんな事態になっても生き延びていくには、国民全員がまじめに働くことしかないのである。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

  佐治 眞悟

Author:  佐治 眞悟
本音を言えない人たちに代わって
     酔狂じじいが吠えている
           妄言ブログです
  
ブレーンストーミングなので、
    批判厳禁、ただ乗り大歓迎です 
「拍手」いただければ、励みになります

地元中小・零細企業の応援
         経営コンサルタント             

最新記事

カテゴリ

ホーム1 当ブログの紹介  (1)
ホーム2 当事務所の事業紹介 (1)
*政治・経済* (1064)
 原発、エネルギー (149)
 歴史認識、軍事、外交 (272)
 経済、貿易、財政、税制 (131)
 憲法、法律、選挙、裁判 (96)
 政治家、政策、政局 (244)
 インフラ、防災、環境、人口 (126)
 食糧、農林漁業 (46)
*社会・哲学* (1073)
 社会一般 (171)
 高齢化、医療、死生観 (266)
 格差、差別、弱者、女性 (99)
 時事、事件 (75)
 マスコミ、広報、ネット (56)
 文化、スポーツ、演劇 (89)
 教育、学問、科学、宗教 (50)
 生物、進化論 (26)
 山行、県外旅行 (113)
 地域、町内、祭、イベント (128)
*経営* (518)
 中小企業施策 (77)
 経営革新、戦略、手法 (97)
 知財、著作権、情報 (11)
 リスク (36)
 再生、倒産、資金繰り (9)
 マーケティング (40)
 ものづくり (67)
 人づくり (59)
 商品、固有技術 (76)
 個別 事例 (46)
*画像と俳句・川柳・詩* (182)
 山の景観 (51)
 山の花、里の花(桜) (61)
 旅行、温泉 (48)
 スポーツ(運動会)、祭り (19)
 その他 (3)
*アーカイブ* (3)
 平成25年1月(1~31日) (1)
 平成25年2月(1~28日) (1)
 平成25年3月(1~31日) (1)
*ブログ主の個人情報* (54)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR