FC2ブログ
RSS

春祭り

 この神社の春祭りは、福井県三大祭りの一つに数えられていた

 5月の3、4、5日は、神明神社の春季例大祭である。この神社は、延長二年(924年)、右大弁藤原親正、神使久志本右衛門大夫広次等が、御分霊・神宝・幣帛等を奉戴して北庄に参着、足羽神社御宝殿に御滞座の後、御社殿の竣功をまって御鎮座なられたのが由来だという。つまり、1000年以上の歴史がある。
 またこの神社の春祭りは、福井県三大祭りの一つに数えられていた。

 なか日の昨日、御神輿と鳳輦行脚に付いて、交通安全員として交通整理を手伝った。昨年とほぼ同じコースである。万歩計で26000歩だから、およそ13㎞。炎天下をひたすら歩く。神輿を担ぐ力士たちは、20才前後の学生であるが、私以上にいい年をした交通安全員や、氏子総代たちもこの距離を歩いた。この暑さで熱中症が出ないのが不思議であった。
 
    力士たち H29.5.04  御鳳蓮 H29.5.04

 福井3大祭り(たぶん今は違う)といっても、近年はめっきり趨勢が衰えた。毎年行っていた、大名行列などの山車も数年に一度しかない。祭りの花形である出店の屋台も、今年は一段と少なくなった。目立つのは、スマートボールと射的ぐらい。
 かろうじて、御神輿と鳳輦行脚で雰囲気を保っている。それも鐘や太鼓など、人力での声掛けが少なくなった。今年から「わっしょい、わっしょい」も、録音で流すようになった。これでまた、ストレス発散の場が一つ無くなってしまった。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :