FC2ブログ
RSS

ものづくりは儲からない?⑤(6月16日)

 不良は利益を直撃するが、品質問題はすべての製造業者を悩ませている

 ものづくりで、担当者が最も頭を悩ますのが、品質問題である。品質以外のものづくりの要素、「納期」、「コスト」は、なんとか定量化(数字で示す)でき、きっちり計算できる。ところが「品質」は、はっきりと定量化できないので、非常にわかりにくい。極端に言えば、お客・ユーザーがいいと言えばいいのである。

 ところが、現実の商取引では、ものをつくっている本人が、直接お客・ユーザーに販売することは少ない。ユーザーと製造業者の間には、元請、卸、仲卸、小売りなどいろんな業者が入り込む。そうなると、ものをつくっている人は、その製品を直接納める人、たとえば卸業者の顔しか見えない。卸業者は仲卸、仲卸は小売業者の顔色を見て販売する。直接ユーザーの要求を聞ける立場にあるのは、小売業者だけである。
 そこで小売業者は、ユーザーの意を汲んで、やや厳しい品質基準を卸業者に要求する。卸業者は、さらに厳しい基準を製造業者に要求する。つまり、ユーザーとつくっている人の間が離れていればいるほど、製造業者は、より厳しい品質基準、場合によってはユーザー要求とかけ離れた品質特性を、一所懸命追いかけることになってしまうのだ。
 
 これを解消するには、つくる人とユーザーが直接取引するのが理想である。そうすれば、「伝達ゲーム」のようなミスマッチが少なくなり、お客の求めるものを、効率よく提供できるようになる。
 しかし、そこまで一気に持っていくことは難しい。ものづくりの現場では、現実的な対応をしなければならない。

 どうすればいいのか。
 一つには、今現在できる範囲で、できるだけ最終ユーザーの要求を把握することである。そのためのお客とのコミュニケーションが大切である。営業部門の最重要な役割は、じつはここにある。できた商品を売りつけることは、2の次、3の次でいい。

 つぎに、品質基準がなんとか明確になったら、それを社内に周知する。この基準を犯したら、「異常」ということである。そして、品質レベルが向上するかどうかは、いかに早くこの異常を発見し、是正・修正するかにかかっている。異常処理、原因追及、対策は、時間がたつほど困難になるからである(前回④を参照)。
 このスピードの重要性については、いくらでも強調したい。すべてのリスク管理に当てはまるからだ。

 優良なものづくり企業ほど、このための仕組みが整っている。

               (次回は関連事例の紹介)
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

  佐治 眞悟

Author:  佐治 眞悟
本音を言えない人たちに代わって
     酔狂じじいが吠えている
           妄言ブログです
  
ブレーンストーミングなので、
    批判厳禁、ただ乗り大歓迎です 
「拍手」いただければ、励みになります

地元中小・零細企業の応援
         経営コンサルタント             

最新記事

カテゴリ

ホーム1 当ブログの紹介  (1)
ホーム2 当事務所の事業紹介 (1)
*政治・経済* (1065)
 原発、エネルギー (149)
 歴史認識、軍事、外交 (272)
 経済、貿易、財政、税制 (131)
 憲法、法律、選挙、裁判 (96)
 政治家、政策、政局 (244)
 インフラ、防災、環境、人口 (127)
 食糧、農林漁業 (46)
*社会・哲学* (1073)
 社会一般 (171)
 高齢化、医療、死生観 (266)
 格差、差別、弱者、女性 (99)
 時事、事件 (75)
 マスコミ、広報、ネット (56)
 文化、スポーツ、演劇 (89)
 教育、学問、科学、宗教 (50)
 生物、進化論 (26)
 山行、県外旅行 (113)
 地域、町内、祭、イベント (128)
*経営* (519)
 中小企業施策 (78)
 経営革新、戦略、手法 (97)
 知財、著作権、情報 (11)
 リスク (36)
 再生、倒産、資金繰り (9)
 マーケティング (40)
 ものづくり (67)
 人づくり (59)
 商品、固有技術 (76)
 個別 事例 (46)
*画像と俳句・川柳・詩* (182)
 山の景観 (51)
 山の花、里の花(桜) (61)
 旅行、温泉 (48)
 スポーツ(運動会)、祭り (19)
 その他 (3)
*アーカイブ* (3)
 平成25年1月(1~31日) (1)
 平成25年2月(1~28日) (1)
 平成25年3月(1~31日) (1)
*ブログ主の個人情報* (54)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR