FC2ブログ
RSS

恐竜ブランドの構築

 正当性を持つ恐竜ブランドが定着すれば、ディズニーランドを超えて継続できる

 平成12年につくられた勝山恐竜博物館の入場者数は、年間100万人にもなった。世界3大恐竜博物館の一つで、規模も大きい。県内では永平寺や東尋坊と並ぶ観光地である。2年前JR福井駅前に巨大な恐竜が並ぶジェラシックパークがつくられるなど、県内のあちこちに恐竜モニュメントが目につくようになった。「恐竜王国」のブランドが、福井に定着しつつある。これからの福井の行方には、「恐竜」の活用を欠かすことができない。

       恐竜

 しかし、福井に住んでいる私でも、なぜそれほど勝山恐竜がもてはやされるのか不思議である。他の地域で、もっとすごい恐竜化石が発掘されれば、それまでである。現在はブームであっても、きちんとした根拠がなければ、そのうち忘れ去られてしまう。なにより、肝心の担当者のモチベーションが続かないのではないか。
 福井と恐竜を結びつける大義名分、正当性が欲しい。

 もともと奥越近辺では、多くの恐竜の化石が見つかっていた。恐竜が生きていたジュラ紀に堆積した「手取層郡」という地層が分布しているからである。他の地域と比較して化石が多く出ているのは、福井県が早くから大規模・集中的な発掘を行なってきたからである。そのため福井県立恐竜博物館は、世界的にも有数の恐竜及び古生物の化石展示と、研究機関となっている。展示内容の量・質共に極めて高く、日本における恐竜博物館の代表である。 
 と、いろいろ言われても、素人にはピンとこない。専門的な部分は、一般の人にはわかりにくい。

 そこで、福井・勝山と恐竜を永遠に結びつけるブランドつくりが重要である。
 まず今の各種イベントを永続化させ、ブームを煽り続けること。つぎにその背景となる学術研究の継続、あるいは関連映画や小説など文化面での拡充、そして恐竜に関する「食」の開発である。県や市の支援制度は、恒久法としたい。
 
 これらを相乗的に結びつければ、ちょっとやそっとでは壊れない恐竜ブランドが福井に根付く。ディズニーランドやUSJに負けない総合ブランドができる。
 なにしろ恐竜は、地球の支配者として、われわれ人類の先輩なのである。   恐竜王国

 夢や独創性のない人は考えもつかないだろうが、もし生きた恐竜が味方に付けば、強力な兵士となる。バイオ技術で、強力なティラノサウルスを作り上げ、つぎつぎと北朝鮮に送り込むこともできるのである。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

  佐治 眞悟

Author:  佐治 眞悟
本音を言えない人たちに代わって
     酔狂じじいが吠えている
           妄言ブログです
  
ブレーンストーミングなので、
    批判厳禁、ただ乗り大歓迎です 
「拍手」いただければ、励みになります

地元中小・零細企業の応援
         経営コンサルタント             

最新記事

カテゴリ

ホーム1 当ブログの紹介  (1)
ホーム2 当事務所の事業紹介 (1)
*政治・経済* (1064)
 原発、エネルギー (149)
 歴史認識、軍事、外交 (272)
 経済、貿易、財政、税制 (131)
 憲法、法律、選挙、裁判 (96)
 政治家、政策、政局 (244)
 インフラ、防災、環境、人口 (126)
 食糧、農林漁業 (46)
*社会・哲学* (1073)
 社会一般 (171)
 高齢化、医療、死生観 (266)
 格差、差別、弱者、女性 (99)
 時事、事件 (75)
 マスコミ、広報、ネット (56)
 文化、スポーツ、演劇 (89)
 教育、学問、科学、宗教 (50)
 生物、進化論 (26)
 山行、県外旅行 (113)
 地域、町内、祭、イベント (128)
*経営* (518)
 中小企業施策 (77)
 経営革新、戦略、手法 (97)
 知財、著作権、情報 (11)
 リスク (36)
 再生、倒産、資金繰り (9)
 マーケティング (40)
 ものづくり (67)
 人づくり (59)
 商品、固有技術 (76)
 個別 事例 (46)
*画像と俳句・川柳・詩* (182)
 山の景観 (51)
 山の花、里の花(桜) (61)
 旅行、温泉 (48)
 スポーツ(運動会)、祭り (19)
 その他 (3)
*アーカイブ* (3)
 平成25年1月(1~31日) (1)
 平成25年2月(1~28日) (1)
 平成25年3月(1~31日) (1)
*ブログ主の個人情報* (54)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR