FC2ブログ
RSS

森友学園泥仕合

 森友学園の素晴らしい教育方針と、虚言癖のいかがわしい人格は分けて考えるべき

 森友学園籠池理事長の虚言に、日本中が振り回されている。ワイドショウで面白おかしく取り上げられるだけならまだしも、国会まで混乱している。国会は重要案件をほったらかしにして、大方の時間をこんな下らないことに費やしている。
 昨日はまた、首相が100万円寄付したとか大騒ぎである。だれもばかばかしいとは思わないのであろうか。

   馬 H28.324      鹿 H28.3.24

 そもそも、今度の「事件」では、何がどう悪いのかさっぱりわからない。9億円の土地を、廃棄物処理費用を減額し格安で売っただけのことではないか。土地は売らなければ、維持管理費がかさみ減価していく。国会での追及でも役人はきちんと答えている。賄賂が動いたという、野党が望むような答えが得られないから噛みついているだけである。手続きが迅速すぎるというイチャモンまで出ている。普通は反対だろうが。
 みんなして、無理やり罪人をつくろうとしている。

 こんなアホなことで首相が退陣することはないし、だれも辞めるべきではない。そんなことになったら、韓国に続き日本まで政治が混乱する。韓国の朴元大統領がつまらないことで退陣させられたのは、外国諜報機関の工作である。それに煽られた国民が発狂しただけである。日本国民はそこまで愚かではないはずだ。

 そう考えると、今回の「事件」を煽っている黒幕がみえてくる。いま国会で政府をつついている野党や、毎日籠池理事長の「虚言」を針小棒大に煽り立てているメディアのバックには、怪しげな工作員がうろついている。この問題を追及する野党の質問者やTV局コメンテーターの顔が、習近平か金正恩に見えてきた。
 
 仙人岩には隙間があった H27.8.3

 ただ、塚本幼稚園や森友学園の教育方針は素晴らしい。首相や夫人が賛同するのもわかるし、これを批判するのはおかしい。だがそのことと、学園を経営する人の人格とは全く別物である。
 罪を憎んで人を憎まず。逆も真なり。人格を憎んでも、行動の一部を称えることは大切である。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :