FC2ブログ
RSS

宅配便値上げ

 いま大切なのは、自分の仕事に誇りを持ち、厚かましく値上げを行うことである

 宅配便の半数以上を占めるヤマト運輸では、運賃の全面的な値上げを検討しているという。ネット通販が急増してドライバーが不足し、サービスの維持が困難になっているからである。この全面的な値上げは、27年ぶりだそうだ。
 同時に配達の時間帯を指定できるサービスのうち、「12~14時」を廃止し、ドライバーの労力の待遇改善をはかる。それ以外の配達時間帯の見直しも進める。

 いまの基本運賃は、関東から関西に箱の3辺の長さ60センチ以内(菓子箱1個)を送るのが864円と、決して安くはない。普通に買うより、2~3割は高くなるはずである。それでもネット通販が増えているのは、「便利さ」の度合いが、桁違いだからであろう。

      サツマイモ坂井丘陵地H25.5.13

 しかし、今回の値上げで分かるように、その「便利さ」は誰かの犠牲の上に立っている。ヤマト運輸が値上げを決めたのは、配達員にババを押し付けるブラック経営が、できなくなってきたからである。その意味では、最近のブラック企業批判は効果があった。いくら給料が高くても、自分の時間が持てないのでは生きている意味がない。
 
 素晴らしいのは、今回の取り組みで、2重に経済効果が見込めることである。
 まず値上げの分は、確実にGDPが向上する。宅配サービスの価値がそのぶん向上するからである。
 つぎに、宅配サービスの生産性向上の機運が高まる。これ以上値上げして欲しくないため、宅配ボックスの設置や集配システムの改善など、サービスを受ける人たちも、具体的に生産効率を上げる工夫をするようになる。ヤマト運輸自身も、さらに合理的な宅配方法を生み出す。

 そしてこのような動きが、介護や建設など、人手不足の事業分野に及ぶ。それこそ、遠慮せずに値上げをすればいい。いま日本に大切なのは、自分の仕事に誇りを持ち、厚かましく値上げを行うことなのである。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

  佐治 眞悟

Author:  佐治 眞悟
本音を言えない人たちに代わって
     酔狂じじいが吠えている
           妄言ブログです
  
ブレーンストーミングなので、
    批判厳禁、ただ乗り大歓迎です 
「拍手」いただければ、励みになります

地元中小・零細企業の応援
         経営コンサルタント             

最新記事

カテゴリ

ホーム1 当ブログの紹介  (1)
ホーム2 当事務所の事業紹介 (1)
*政治・経済* (1055)
 原発、エネルギー (147)
 歴史認識、軍事、外交 (268)
 経済、貿易、財政、税制 (131)
 憲法、法律、選挙、裁判 (96)
 政治家、政策、政局 (244)
 インフラ、防災、環境、人口 (123)
 食糧、農林漁業 (46)
*社会・哲学* (1060)
 社会一般 (166)
 高齢化、医療、死生観 (264)
 格差、差別、弱者、女性 (98)
 時事、事件 (75)
 マスコミ、広報、ネット (55)
 文化、スポーツ、演劇 (87)
 教育、学問、科学、宗教 (49)
 生物、進化論 (26)
 山行、県外旅行 (112)
 地域、町内、祭、イベント (128)
*経営* (514)
 中小企業施策 (76)
 経営革新、戦略、手法 (97)
 知財、著作権、情報 (11)
 リスク (35)
 再生、倒産、資金繰り (9)
 マーケティング (40)
 ものづくり (65)
 人づくり (59)
 商品、固有技術 (76)
 個別 事例 (46)
*画像と俳句・川柳・詩* (182)
 山の景観 (51)
 山の花、里の花(桜) (61)
 旅行、温泉 (48)
 スポーツ(運動会)、祭り (19)
 その他 (3)
*アーカイブ* (3)
 平成25年1月(1~31日) (1)
 平成25年2月(1~28日) (1)
 平成25年3月(1~31日) (1)
*ブログ主の個人情報* (54)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR