FC2ブログ
RSS

財政再建は必要か

 経済成長せず財政赤字が拡大しても、国民すべてが大金持ちになる

 先月(28日)のプライムニュースでは、久しぶりに「財政再建」をテーマにしていた。
 国と地方の借金が1000兆円を超えている。そうかといって、国がお金を使わなければ、経済は再生しない。企業や国民が投資や消費をしないからである。このままでは、果てしなく財政赤字が膨らむ。
 この何が問題かわからないのだが、将来につけを回すと言って心配する人たちがいる。

 とくに「財政再建派」の佐藤主光氏(一橋大学大学院教授)と小幡績氏(慶応大学大学院准教授)はこの番組で、経済成長を犠牲にしても消費増税すべき、と主張していた。財政規模は、毎年の税収を上回らないようにしなければならない。このままでは、国債金利が上がって国債価格が暴落し新規の国債が売れなくなるからで、日本のように国内で国債が買われていた方がデフォルトになりやすいそうだ。

 しかし、いくら国債の価格が下がっても、日本には遣いみちのないお金がわんさか余っている。その上、経常黒字が年々積み重なっている。国債を買わないということは、そのお金が消費や投資に回るということである。そもそも国債を発行しなくてもいいときでないかと思うと、わけがわからない。

     異物 腹に一物

 そこで、最近「シムズ理論」というのが注目されている。
 「シムズ理論」とは、件のプライムニュースによると、
 ≪政府が財政再建を放棄→企業や個人が増税予測をしなくなる→お金を使う→インフレになる≫
 ということで、デフレに悩んでいる日本にとって、夢のような政策である。アベノミクスの理論的支柱である浜田宏一氏も賛同しているという。

 財政拡大の論客である藤井聡氏(内閣官房参与)もよく似た話をしていた。彼は財政赤字額より、その対GDP比のほうが重要だと述べている。財政出動を行えば、その分確実に経済成長する。したがって財政赤字の対GDP比は少なくなるから問題はないという。



 「シムズ理論」や藤井氏の論理では、財政出動はインフレや経済成長のためである。
 すなわち日本の経済学者の理論は、
①経済成長なしで財政健全化する、
②経済成長して財政赤字の影響を少なくする
 この2つのいずれかを言っているに過ぎない。
 そうだとしたら、経済成長が止まったらややこしいことになる。

 ほんとにそれしかないのか。
 私のような経済の素人からみると、いま日本は第3の道に進んでいるようにみえる。すなわち、
③経済成長がなくて財政赤字が拡大し、国民すべてが大金持ちになる
 という、だれも考えたことのない理想の道である。

 現在でも、国民は膨大な金融資産(一人当たり1500万円)を持っている。偏っているのが問題なだけである。金持ちは何億円も持っているのに、預貯金のまったくない人が20%もいる。
 したがってこれからは、財政の赤字分を国民均等にいきわたらせればいい。これですべての人が金持ちになる。すなわち、
 現在は、国の財政赤字1000兆円→国民一人平均の金融資産1500万円
 これが、
 10年後、国の財政赤字2000兆円→一番貧乏な人の金融資産1000万円
 となる。どうせ日本では、お金は遣うものでなく神棚で拝むものである。 さらにその先になると、人口減少でお金がだぶつき、一人あたりの金融資産がどんどん増える。
 もちろん国民すべて死ぬまで、一生懸命労働することが大前提である。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :