FC2ブログ
RSS

根拠と論拠

 なぜ国会のような大そうなところで、根拠や論拠のあやふやなものを騒ぎ立てるのか

 いい主張には、「根拠」と「論拠」がしっかりしていなければならない。
 「根拠」とは、主張のベースになる事実、データのことである。「論拠」とは、その事実から主張に至る道筋、理由づけである。これらがいい加減では、説得力のある主張(情報)とはならない。(ISOでも、情報とは『意味のあるデータ』と定義されている)

 たとえば、A社はブラック企業だという主張(情報)があったとする。
 その根拠は、「この会社の一人あたり平均残業時間が、月100時間ある」であった。これが正しいとする。では論拠は、???となる。たしかに普通の人が常識で考えて、100時間は多すぎるかもしれない。では90時間ならいいのか。95時間ならどうか、となる。個人事業主なら残業など無制限である。

 奥が深いのは、この「論拠」の部分である。じつはこれが難しい。「論拠」が異なれば、同じ「根拠」から、異なる主張が生まれる。だからこの論拠というのは、聞く人が共有できるものでなければならない。確実に共有できるものといえば、法律、ルール、基準であろう(それでも完全とはいえないが)。

 「論拠」があやふやだと、「それがどうした」ということになる。苦し紛れに、独りよがりの「人道」や「道徳」などを持ち出したら、それこそ水掛け論になる。

         おかめ 

 いまの森友学園の暴露合戦などは、その典型である。
 たとえば、
 ≪安倍晋三首相夫人の昭恵氏が学校法人「森友学園」の運営する塚本幼稚園(大阪市)で2014年12月と15年9月の2度講演を行った際、いずれも政府職員を同行させていた。3/7時事通信≫
 というニュースが入った。これは政府の答弁だから、事実であろう。

 しかしそこから導かれるのは、「それがどうした」でしかない。せいぜい過去の答弁の食い違いくらいである。
 この事件では、それ以前に「根拠」となる事実、データもあやふやなものが多い。なぜ国会のような大そうなところで、こんなことを騒ぎたてなければならないのであろうか。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

  佐治 眞悟

Author:  佐治 眞悟
本音を言えない人たちに代わって
     酔狂じじいが吠えている
           妄言ブログです
  
ブレーンストーミングなので、
    批判厳禁、ただ乗り大歓迎です 
「拍手」いただければ、励みになります

地元中小・零細企業の応援
         経営コンサルタント             

最新記事

カテゴリ

ホーム1 当ブログの紹介  (1)
ホーム2 当事務所の事業紹介 (1)
*政治・経済* (1062)
 原発、エネルギー (149)
 歴史認識、軍事、外交 (271)
 経済、貿易、財政、税制 (131)
 憲法、法律、選挙、裁判 (96)
 政治家、政策、政局 (244)
 インフラ、防災、環境、人口 (125)
 食糧、農林漁業 (46)
*社会・哲学* (1065)
 社会一般 (168)
 高齢化、医療、死生観 (265)
 格差、差別、弱者、女性 (99)
 時事、事件 (75)
 マスコミ、広報、ネット (55)
 文化、スポーツ、演劇 (88)
 教育、学問、科学、宗教 (49)
 生物、進化論 (26)
 山行、県外旅行 (112)
 地域、町内、祭、イベント (128)
*経営* (516)
 中小企業施策 (77)
 経営革新、戦略、手法 (97)
 知財、著作権、情報 (11)
 リスク (35)
 再生、倒産、資金繰り (9)
 マーケティング (40)
 ものづくり (66)
 人づくり (59)
 商品、固有技術 (76)
 個別 事例 (46)
*画像と俳句・川柳・詩* (182)
 山の景観 (51)
 山の花、里の花(桜) (61)
 旅行、温泉 (48)
 スポーツ(運動会)、祭り (19)
 その他 (3)
*アーカイブ* (3)
 平成25年1月(1~31日) (1)
 平成25年2月(1~28日) (1)
 平成25年3月(1~31日) (1)
*ブログ主の個人情報* (54)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR