FC2ブログ
RSS

プレゼンテーションのバリ

 素人の話し手である我々は、無理やり「あー、えー」のバリ言葉を封印する必要はない

 昨日、吉田雅紀氏(あきない総合研究所代表)の、「プレゼンテーション」という演題の講演を聴いた。プレゼンテーションの目的は、他人の行動を変えることである。以前講習を受けた「メンタルコーチング」とともに、プレゼンテーションの技法をマスターすればビジネスのあらゆる場面で強力な武器となりうる。

 その講演の中で、「言葉のバリとり」というテーマがあった。他人のプレゼンを聞く方からすると、「えー」とか「あのー」など言葉のバリ(=言葉癖)は、気になるものである。昨日の講演時に行ったワークショップでも、たいていの人は数秒と経たずバリ言葉を発していた。このバリ言葉の典型は、「あーうー総理」と言われた大平正芳氏である。

 アナウンサーや落語家など、プロの話し手はほとんどバリ言葉を使うことがない。政治家では、前大阪市長の橋下徹氏がみごとである。バリを使わないことで、話が滑らかになり雄弁に聞こえる。聞き手はその話しぶりに聞きほれてしまい、つい説得されることが多い。下手糞な手書き文字より活字の方が、何となく信用できるのと同じである。

     無題

 しかし、じつは「あーうー」の大平正芳氏こそ、政治家の中でほんものの教養人であったと言われている。大平氏の演説から「あーうー」を抜いて筆記すると、そのまま筋の通った論文となる。大平氏は、バリ言葉でリズムを取ることで理論を組み立て、ストーリーを作り上げていたのではないか。
 落語家でも、本物の天才と言われた古今亭志ん朝は、「えー、おー」を頻繁に使っていた。

 そして現実の社会では、雄弁な人ほど薄っぺらい人が多い。あまりに言葉巧みな人は、詐欺師と疑ったほうがいい。詐欺師でなくとも言葉滑らかな人は、考えよりもつい言葉が先走ってしまう。一度言ったことは取り返すことが難しいから、弁の立つ人は言葉と行動が伴わず、周囲からは薄っぺらく思われる。


 したがって言葉の素人である我々は、無理やりバリ言葉を封印する必要はないと思う。気にしすぎると、プレゼンそのものができなくなる。若い人はともかく、余命短い人が、こんなことのために、余計な気配りや時間を費やすことはない。すべては、ほどほどがいいのである。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

  佐治 眞悟

Author:  佐治 眞悟
本音を言えない人たちに代わって
     酔狂じじいが吠えている
           妄言ブログです
  
ブレーンストーミングなので、
    批判厳禁、ただ乗り大歓迎です 
「拍手」いただければ、励みになります

地元中小・零細企業の応援
         経営コンサルタント             

最新記事

カテゴリ

ホーム1 当ブログの紹介  (1)
ホーム2 当事務所の事業紹介 (1)
*政治・経済* (1062)
 原発、エネルギー (149)
 歴史認識、軍事、外交 (271)
 経済、貿易、財政、税制 (131)
 憲法、法律、選挙、裁判 (96)
 政治家、政策、政局 (244)
 インフラ、防災、環境、人口 (125)
 食糧、農林漁業 (46)
*社会・哲学* (1065)
 社会一般 (168)
 高齢化、医療、死生観 (265)
 格差、差別、弱者、女性 (99)
 時事、事件 (75)
 マスコミ、広報、ネット (55)
 文化、スポーツ、演劇 (88)
 教育、学問、科学、宗教 (49)
 生物、進化論 (26)
 山行、県外旅行 (112)
 地域、町内、祭、イベント (128)
*経営* (516)
 中小企業施策 (77)
 経営革新、戦略、手法 (97)
 知財、著作権、情報 (11)
 リスク (35)
 再生、倒産、資金繰り (9)
 マーケティング (40)
 ものづくり (66)
 人づくり (59)
 商品、固有技術 (76)
 個別 事例 (46)
*画像と俳句・川柳・詩* (182)
 山の景観 (51)
 山の花、里の花(桜) (61)
 旅行、温泉 (48)
 スポーツ(運動会)、祭り (19)
 その他 (3)
*アーカイブ* (3)
 平成25年1月(1~31日) (1)
 平成25年2月(1~28日) (1)
 平成25年3月(1~31日) (1)
*ブログ主の個人情報* (54)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR