FC2ブログ
RSS

ものづくりは儲からない?②(6月13日)

 儲からないと嘆くまえに、ムダが目に見えるようにし、徹底的に工場のムダを絞ってみる

 前回、ものづくりが儲からないのは、膨大なムダがあるからだということを述べた。
 もっとも、ムダは、ものづくりの分野だけではない。むしろ手続きや規制、流通、販売、消費に至るまで、ものづくり以外でのムダが圧倒的に多い。またこの世は、あらゆる所が利権の闇で覆われている。しかし、こんなことを言っても埒が明かない。これらの解明は、別の機会や人に譲るとして、ここは製造工場に絞って話を進めたい。

 儲からないと嘆くまえに、徹底的に工場のムダを絞ってみよう。それには、ムダが目に見えるようにすることである。
 まずは、工場内をきれいにしよう。
 5Sすなわち、整理・整頓・清掃・清潔・躾は、製造現場において、昔から喧しく叫ばれ続けている。これこそが、ものづくりの根幹と言えるからである。しかし依然として、多くの工場はこれができていない。この5Sをきちんと行うことによって、管理が楽になり、在庫の削減や作業効率の向上に大きく貢献する。見た目がきれいになるだけでなく、5Sを徹底するだけで、あらゆるムダの排除が可能になる。

 そして5Sの真髄は、「見える化」、「見せる化」である。工場では、在庫、工程、仕掛、不良、備品、目標などの見える化である。実はこのお手本は、いたるところにある。不特定のお客を相手にする、病院、スーパー、量販店、コンビニなどである。これらのお店では、いかに商品をわかりやすく提供できるか、品切れをなくすかに心血を注いでいる(ただ小売店は、お客にたくさん歩いてもらうようにしているのだが)。わかりやすい買い物のしやすいお店だと思ったら、それがあなたの先生になるはずだ。
 
 次回へ
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :