FC2ブログ
RSS

生活保護なめんな

 本来なら小田原市長は、モンスター市民相手に苦労する職員を、まずねぎらうべきであった

 小田原市の生活保護担当の職員が、「保護なめんな」などの文字をプリントしたジャンパーを着用していた。生活保護者の訪問時にも着用したという。胸のエンブレムに「HOGO NAMENNA」や×印がついた「悪」、背中には「私たちは正義。不正を見つけたら追及する。私たちをだまして不正によって利益を得ようとするなら、彼らはくずだ」と、不正受給を批判する英文が記載されている。
 この「事件」は、リベラル系のメディアから批判的に報道されている。

 しかし、多くの読者は、職員に対し好意的である。

≪表現が少し乱暴だっただけで「不正受給は許さない」って姿勢は全くもって正しいでしょ?≫
≪何故ダメなのか分からないけど?本当の事なのに。≫
≪やりすぎ感はあるが、ここまでマスコミに叩かれる意味がわからない≫
≪気持ちは凄く解る。≫
≪別にいいんじゃない?実際、なめちゃいかんし。≫

 そもそも生活保護や失業手当などは、不正受給が絶えない。そのうえ支給要件がやたらと難しい。私自身も転職するたび、ハローワークで受給の申請をしてはねられた。NHK衛星放送の受信料を徴収する人に、電波状態が悪いことでやり合ったこともある。温厚な私でさえお金のことでは真剣になる。まして最近の市民は、権利意識が肥大し、モンスターと化した人が多い。担当職員の気苦労は絶えないであろう。私ならこんな難しい仕事はできない。

 職員自身も、このエンブレムをつくったのは、「自分たちの士気を高めるため」と言っている。調子に乗って、ほいほいと支給していたのでは、血税を払っている住民に顔向けできない。

        怖い鳥
 
 この件で小田原市は、ジャンパーの使用を禁止し、市長は、「配慮を欠いた表現であり、おわびします」とのコメントを出した。さらに監督の福祉健康部長ら職員7人は、厳重注意処分となったそうだ。

 昨年米軍のオスプレイが墜落したとき、乗務員をかばった米軍の指揮官とは大違いである。批判があると、すぐさま謝罪し担当者を処分してしまう。本来なら小田原市長は、モンスター市民相手に、丁々発止の修羅場をくぐっている職員を、最初にねぎらうべきであった。これでまた、小田原市職員の士気は低下する。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :