FC2ブログ
RSS

天皇譲位

 男系の万世一系さえ維持できれば、庶民がとやかく言うことではない

 政府は天皇陛下のご譲位のため、一代限りの特例法案を、1月からの通常国会に提出するという。それによると、皇位継承順位1位の秋篠宮さまを「皇太子」とし、退位した天皇は「上皇」となられるそうである。
  
 女性、女系天皇を目指す人たちにとって、この決定はおもしろくない。愛子さまが入っていないからだ。いまだ世の中に、女系天皇を容認する声が消えていない。女性の地位の向上、女性の輝く社会を目指す現代社会において、女性天皇こそがふさわしいという理屈である。

          やっと天守がみえた H28.12.5

 しかし女性・女系天皇が、男女平等の現代にふさわしいなどとは、勘違いも甚だしい。男女平等・女性上位と男系天皇とは、まるで次元の異なる話である。なにも男が偉いから天皇になるわけではまったくない。それに男女平等といっても、たかが数十年の歴史でしかない。
 いっときの感情にまかせ、数千年の歴史を踏みにじる権利など、われわれの世代にあるはずがない。いったん女系天皇が生まれれば、もう取り返しがつかないのである。


 と言いつつ、
 皇室のことは、われわれ庶民がとやかく言うことではない。男系の万世1系さえ維持できれば、その他のことは大自然が決める。静かに見守ろうではないか。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :