FC2ブログ
RSS

除夜の鐘苦情

 圧力に負けず伝統を守る人を応援することで、モンスターを炙り殺す

 年末年始は、いつも寝て過ごす。10年以上紅白など見たことがない。大みそかの晩、他の家族がテレビの前に集まると、一人静かに布団にもぐりこむ。私の読書は、すべて布団の中である。前立腺が悪いので、夜中には2時間おきトイレのため目が覚める。そのたびに読書のページを進める。それに本を読むと、いつでも寝られる。
 大晦日の夜は、除夜の鐘をききながら本を読み、眠りにつく。

 2日前も、除夜の鐘をききながら、いい気持ちで寝込んでしまった。これぞ私の年越しである。60年以上聞きなれた除夜の鐘は、年越しには欠かせない。私にとって、唯一無二のものである。

         モンスター

 ところが、そのうちこの除夜の鐘が聴けなくなるかもしれない。
 「鐘の音がうるさい」という苦情がきて、除夜の鐘を取りやめたり、鐘を昼に移行するお寺が出ているからである。
 クレームは除夜の鐘だけでなく、餅つきの取り止め、マンションでの住人同士の挨拶禁止、保育園建造中止なども報道されている。これらもほんの一部の「声の大きい」モンスターの影響と思われる。それが誰かわからないのも、不気味である

 モンスターはたぶん、数千・数万人に一人であろう。こんな少数意見を聞いていると、究極は世の中の活動すべてできなくなる。人が生きているということは、誰かに価値を与えていると同時に、必ず迷惑もかけているからである。100%誰にも害のない行動などありえない。生きているだけで、誰か影響を受ける。モンスターは、そのほんの少しの「迷惑」が我慢できないのである。


 近年の日本に、このようなクレーマーやモンスターが増えているのは、武士道の重要な要素である「惻隠の情」が無くなってしまったからである。そのうえ、モンスターを抑えることもできなくなってしまった。そういう声が通りやすいということは、日本で民主主義は成り立たないことを意味している。

 ではどうするか。
 もちろんモンスターと戦う。われわれは、モンスタークレーマーに負けず、伝統を進めていく人たちを応援しなければならない。そうすることでモンスターを炙り出し、彼らと本音での戦い・議論ができるのである。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

  佐治 眞悟

Author:  佐治 眞悟
本音を言えない人たちに代わって
     酔狂じじいが吠えている
           妄言ブログです
  
ブレーンストーミングなので、
    批判厳禁、ただ乗り大歓迎です 
「拍手」いただければ、励みになります

地元中小・零細企業の応援
         経営コンサルタント             

最新記事

カテゴリ

ホーム1 当ブログの紹介  (1)
ホーム2 当事務所の事業紹介 (1)
*政治・経済* (1053)
 原発、エネルギー (145)
 歴史認識、軍事、外交 (268)
 経済、貿易、財政、税制 (131)
 憲法、法律、選挙、裁判 (96)
 政治家、政策、政局 (244)
 インフラ、防災、環境、人口 (123)
 食糧、農林漁業 (46)
*社会・哲学* (1058)
 社会一般 (165)
 高齢化、医療、死生観 (263)
 格差、差別、弱者、女性 (98)
 時事、事件 (75)
 マスコミ、広報、ネット (55)
 文化、スポーツ、演劇 (87)
 教育、学問、科学、宗教 (49)
 生物、進化論 (26)
 山行、県外旅行 (112)
 地域、町内、祭、イベント (128)
*経営* (514)
 中小企業施策 (76)
 経営革新、戦略、手法 (97)
 知財、著作権、情報 (11)
 リスク (35)
 再生、倒産、資金繰り (9)
 マーケティング (40)
 ものづくり (65)
 人づくり (59)
 商品、固有技術 (76)
 個別 事例 (46)
*画像と俳句・川柳・詩* (182)
 山の景観 (51)
 山の花、里の花(桜) (61)
 旅行、温泉 (48)
 スポーツ(運動会)、祭り (19)
 その他 (3)
*アーカイブ* (3)
 平成25年1月(1~31日) (1)
 平成25年2月(1~28日) (1)
 平成25年3月(1~31日) (1)
*ブログ主の個人情報* (54)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR