FC2ブログ
RSS

騒がしい年末

 どうでもいいことは無視して、静かに年末年始を過ごしたい

 今年こそ、静かな年末年始が迎えられるかと思ったら、どうもおかしい。なにか問題がないと、マスコミは商売にならない。だからどうでもいいことを、大袈裟に報道する。

 まず新千歳空港での中国人大乱闘である。中華航空の対応の悪さから、さんざん待たされた中国人乗客が、スタッフを押しのけてゲート内に侵入。警官30人が出動する騒ぎになった。SNSの発信をメディアが増幅させ、「乱闘」だけが世界中に拡散してしまった。
 
 韓国では、朴大統領の弾劾を求めた数十万人規模のデモ行進がやっと鎮静化。と思ったら、今度は釜山である。市民団体が、日本総領事館前に少女像を強行設置。それを強制撤去しようとする東区職員や警察相手に、団体メンバーが反発。これも乱闘である。

       ほっとけ鳥

 うっとうしい出来事のあとに、ほっとするニュースが入った。終戦日に靖国に行かなかった稲田防衛相が、やっと参拝したという。天皇や首相が参拝できないいま、軍隊の指揮官が参らなかったら、靖国の怨念が黙っていない。

 これをご丁寧に、日本のメディアが速報でご注進する。もちろん中国や韓国は反発する。韓国外務省は、在韓日本大使館の丸山浩平総務公使を呼び抗議した。中国の報道官もわけのわからないコメントを発信している。
 これらに反応するからややこしくなる。無視して、静かに正月を迎えよう。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :