FC2ブログ
RSS

日本の実力

 スポーツだけでなく、戦争でも勝てるように力をつけておく必要がある

 いま世界と戦える日本スポーツ界のホープは、男子はフィギュアスケートの羽生結弦選手と体操の内村航平選手、女子ではスキージャンプの高梨沙羅選手、レスリングの伊調選手(吉田選手?)である。いずれも「絶対王者」の期待通り、ほとんどの大会で優勝かそれに近い成績をおさめている。まちがいなく、誰が見ても現時点では世界一の選手である。

 これまで日本人が、試合では必ず勝つと期待され、「絶対王者」として君臨した競技として、東京オリンピックのときの、アニマル渡辺、三宅義信、ロサンゼルスオリンピックの山下泰裕選手ぐらいであった。アニマル渡辺選手にいたっては、決勝戦で終始相手選手が逃げ回っていたのを覚えている。もちろん、力道山を忘れてはいけない。

 今年のグランプリファイナルで羽生選手が転倒し、ワールドカップのジャンプでは、一度だけ高梨沙羅選手が失速してしまった。それでも表彰台に上がる。勝つための戦力を立て、確実に実行しているからである。勝つのが100%でないのが、またスリルのあるところである。

      結城秀康の雄姿

 しかし外国人相手の競技で、日本選手が勝ってもその感動は長続きしない。いっときはスカッとしても、時間がたてば薄れる。もちろん負けても、悔しいのはその時だけで、すぐ気を取り直す。

 これが戦争になるとまた様相が異なる。一度負けたら、その影響は孫子の代まで続く。沖縄や北方領土でややこしいことになっているのは、日本が負けたからである。そのうえおかしな憲法を押し付けられ、がんじがらめになっている(憲法9条は、『負ける戦争は放棄』と改正する)。

 スポーツだけではいけない。つぎの戦争では、必ず勝てるよう、国力をつけておくべきである。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

  佐治 眞悟

Author:  佐治 眞悟
本音を言えない人たちに代わって
     酔狂じじいが吠えている
           妄言ブログです
  
ブレーンストーミングなので、
    批判厳禁、ただ乗り大歓迎です 
「拍手」いただければ、励みになります

地元中小・零細企業の応援
         経営コンサルタント             

最新記事

カテゴリ

ホーム1 当ブログの紹介  (1)
ホーム2 当事務所の事業紹介 (1)
*政治・経済* (1065)
 原発、エネルギー (149)
 歴史認識、軍事、外交 (272)
 経済、貿易、財政、税制 (131)
 憲法、法律、選挙、裁判 (96)
 政治家、政策、政局 (244)
 インフラ、防災、環境、人口 (127)
 食糧、農林漁業 (46)
*社会・哲学* (1073)
 社会一般 (171)
 高齢化、医療、死生観 (266)
 格差、差別、弱者、女性 (99)
 時事、事件 (75)
 マスコミ、広報、ネット (56)
 文化、スポーツ、演劇 (89)
 教育、学問、科学、宗教 (50)
 生物、進化論 (26)
 山行、県外旅行 (113)
 地域、町内、祭、イベント (128)
*経営* (519)
 中小企業施策 (78)
 経営革新、戦略、手法 (97)
 知財、著作権、情報 (11)
 リスク (36)
 再生、倒産、資金繰り (9)
 マーケティング (40)
 ものづくり (67)
 人づくり (59)
 商品、固有技術 (76)
 個別 事例 (46)
*画像と俳句・川柳・詩* (182)
 山の景観 (51)
 山の花、里の花(桜) (61)
 旅行、温泉 (48)
 スポーツ(運動会)、祭り (19)
 その他 (3)
*アーカイブ* (3)
 平成25年1月(1~31日) (1)
 平成25年2月(1~28日) (1)
 平成25年3月(1~31日) (1)
*ブログ主の個人情報* (54)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR