FC2ブログ
RSS

旅立ちの覚悟

 最後は、それまで思ってもいなかった病気か事故で死ぬことになる

 近所の方が亡くなり、昨晩は通夜、これから葬儀に参列する。まだ66才で病死である。私より若く他人事ではない。あらためていつ逝ってもいいように覚悟を決めた。自分もいろんな兆候があるからである。


 たとえば3日前、半年ぶりに病院でPSA値を測定した。PSAは前立腺の異常値を示す数値で、前立腺肥大と前立腺がんの兆候を示す。7~8年前から年に2~3回受けている。4を超えると異常とされ、ここ数年は、5から10までの間をうろうろしていた。それが今回、13.8という高い値を記録してしまった。もちろん自己最高である。

 前回は6.7だったので、一気に倍増である。ここまでいくと誤差の範囲ではない。前立腺が腫れあがっている。がん細胞が増殖し始めたのかもしれない。前立腺がんはがんもどきといっても、そのうち本物のがんになる。死ぬのはいいが、親がまだしぶとく生きている。
 
 ようやく運動と食事だけで、他の異常値(血圧や尿酸値など)が正常にもどったのに、このざまである。高齢になって、全身すべて健全ということはあり得ない。ただ前立腺異常でも、一応医者のアンダーコントロールのもとにある。だから最後はたぶん、それまで思ってもいなかった病気か事故で死ぬことになる。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :