FC2ブログ
RSS

もんじゅ核エネルギーの開発

 自然科学は戦争と異なり、必ず勝利の道が用意されている
 
 昨日の福井新聞のトップに「もんじゅなお迷走」という見出しが躍っていた。もんじゅはいま存亡の危機にある。もちろん核エネルギーの実用化に向けて、「もんじゅ」にこだわる必要はない。一歩進んだ実証炉を開発するのがベストである。だがいまの政治家には、それを自前で強力に推進するという、覚悟が全く見られない。

 いま世間では、核燃料サイクルどころか原発でさえ、抹消しようとしている。多くの「知識人」たちが(ヤメ原発技術者でさえ)、「できない理由」を滔々とまくしたてる。バイアスにかかっている国民は、ますます不安に駆られている。残念ながら一昨日のシンポジウムでも、核燃料サイクル実現に向けての覚悟が見えなかった。反原発の世論に遠慮したのであろうか。 

         結城秀康の雄姿 

 しかし、今後90億~100億になろうとする、エネルギーに目覚めた世界の人々の欲望を、核エネルギーなしに、満たすことはできない。格差を助長する自然エネルギーなど論外である。そしてこの核エネルギー開発は、擦り合わせ技術に長けた日本が率先してやるべきである(他の国は必ず失敗する)。

 いま日本がやらなければならないことは、核燃料サイクルを人類のエネルギーの基幹となるよう、断固として開発を続けることである。もう「できない理由」は聞き飽きた。できない理由を探すのでなく、どうやってやるかを示す。その強い意志が見えてこない。
 核燃料サイクルに関わる人たちは、「必ず開発を成功させる」という、強い決意を示してもらいたい。それがあれば、必ずできる。
              コブの木

 無謀な負け戦に突っ込んでいった大東亜戦争と異なり、相手は自然科学である。われわれを負かそうとしているわけではない。人類の知恵と工夫で、必ず成果を上げることができる。予算も、「たった」数兆円でしかない。食いつぶすだけの社会保障費(年間30兆円以上)と異なり、貴重な技術と人材を蓄えられる。

 もっともやっていけないことは、壇ノ浦で敗走した平家のように、(放射能という)水鳥の羽音に驚いて、開発をきっぱり諦めてしまうことである。臆病な民族は滅ぶしかない。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :