FC2ブログ
RSS

もんじゅ核エネルギーの開発

 自然科学は戦争と異なり、必ず勝利の道が用意されている
 
 昨日の福井新聞のトップに「もんじゅなお迷走」という見出しが躍っていた。もんじゅはいま存亡の危機にある。もちろん核エネルギーの実用化に向けて、「もんじゅ」にこだわる必要はない。一歩進んだ実証炉を開発するのがベストである。だがいまの政治家には、それを自前で強力に推進するという、覚悟が全く見られない。

 いま世間では、核燃料サイクルどころか原発でさえ、抹消しようとしている。多くの「知識人」たちが(ヤメ原発技術者でさえ)、「できない理由」を滔々とまくしたてる。バイアスにかかっている国民は、ますます不安に駆られている。残念ながら一昨日のシンポジウムでも、核燃料サイクル実現に向けての覚悟が見えなかった。反原発の世論に遠慮したのであろうか。 

         結城秀康の雄姿 

 しかし、今後90億~100億になろうとする、エネルギーに目覚めた世界の人々の欲望を、核エネルギーなしに、満たすことはできない。格差を助長する自然エネルギーなど論外である。そしてこの核エネルギー開発は、擦り合わせ技術に長けた日本が率先してやるべきである(他の国は必ず失敗する)。

 いま日本がやらなければならないことは、核燃料サイクルを人類のエネルギーの基幹となるよう、断固として開発を続けることである。もう「できない理由」は聞き飽きた。できない理由を探すのでなく、どうやってやるかを示す。その強い意志が見えてこない。
 核燃料サイクルに関わる人たちは、「必ず開発を成功させる」という、強い決意を示してもらいたい。それがあれば、必ずできる。
              コブの木

 無謀な負け戦に突っ込んでいった大東亜戦争と異なり、相手は自然科学である。われわれを負かそうとしているわけではない。人類の知恵と工夫で、必ず成果を上げることができる。予算も、「たった」数兆円でしかない。食いつぶすだけの社会保障費(年間30兆円以上)と異なり、貴重な技術と人材を蓄えられる。

 もっともやっていけないことは、壇ノ浦で敗走した平家のように、(放射能という)水鳥の羽音に驚いて、開発をきっぱり諦めてしまうことである。臆病な民族は滅ぶしかない。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

  佐治 眞悟

Author:  佐治 眞悟
本音を言えない人たちに代わって
     酔狂じじいが吠えている
           妄言ブログです
  
ブレーンストーミングなので、
    批判厳禁、ただ乗り大歓迎です 
「拍手」いただければ、励みになります

地元中小・零細企業の応援
         経営コンサルタント             

最新記事

カテゴリ

ホーム1 当ブログの紹介  (1)
ホーム2 当事務所の事業紹介 (1)
*政治・経済* (1053)
 原発、エネルギー (145)
 歴史認識、軍事、外交 (268)
 経済、貿易、財政、税制 (131)
 憲法、法律、選挙、裁判 (96)
 政治家、政策、政局 (244)
 インフラ、防災、環境、人口 (123)
 食糧、農林漁業 (46)
*社会・哲学* (1058)
 社会一般 (165)
 高齢化、医療、死生観 (263)
 格差、差別、弱者、女性 (98)
 時事、事件 (75)
 マスコミ、広報、ネット (55)
 文化、スポーツ、演劇 (87)
 教育、学問、科学、宗教 (49)
 生物、進化論 (26)
 山行、県外旅行 (112)
 地域、町内、祭、イベント (128)
*経営* (514)
 中小企業施策 (76)
 経営革新、戦略、手法 (97)
 知財、著作権、情報 (11)
 リスク (35)
 再生、倒産、資金繰り (9)
 マーケティング (40)
 ものづくり (65)
 人づくり (59)
 商品、固有技術 (76)
 個別 事例 (46)
*画像と俳句・川柳・詩* (182)
 山の景観 (51)
 山の花、里の花(桜) (61)
 旅行、温泉 (48)
 スポーツ(運動会)、祭り (19)
 その他 (3)
*アーカイブ* (3)
 平成25年1月(1~31日) (1)
 平成25年2月(1~28日) (1)
 平成25年3月(1~31日) (1)
*ブログ主の個人情報* (54)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR