FC2ブログ
RSS

名古屋城

 自然に埋もれた「見えない城」として、とことん姿を隠した方がいい

 昨日、ある研修のついでに、名古屋城を見学した。
 名古屋城は、徳川家康が天下統一の最後の布石として築いた城である。江戸幕府が体制を確立する激動の時代、濃尾平野を見る高台に、巨大な城郭が誕生した。江戸幕府を開いた家康が、大阪城包囲網をつくるため、姫路城や伊賀上野場などとともに築き上げた城である。慶長15年(1610年)1月14日、将軍徳川秀忠が、西国の20大名に名古屋城普請(土木工事)の助役を命じた。

 天守閣は、層塔型と呼ばれる新しい構造で、安定感の中にきめ細かな意匠の凝らされた外観は、独特の美しさを称えている。天守の頂きには、金板でおおった一対の鯱が載っている。鯱には水を呼ぶという伝説があり、火除けのため天守閣上に載せるようになったと言われる。その金鯱には、慶長小判で17,975両分(金量約270キログラム)の金が使用されたそうだ。

 天守閣 H28.12.5 名古屋城から名古屋駅周辺の高層ビル H28.12.5 やっと天守がみえた H28.12.5

 このように能書は素晴らしいのだが、いまひとつ迫力がない。姫路城に比べるのは気の毒としても、これほどの城がなぜパッとしないのか。おそらく、周辺から天守閣を拝むことがほとんどできないからではないか。

 真っ赤な紅葉 H28.12.5 紅葉の土手 H28.12.5 あっぱれ H28.12.5

 姫路城の場合は、遠くからでもその天守の雄姿を眺めることができた。ところが、名古屋城の天守閣は内門に入らなければ、全容を見ることができない。周辺からだと、立木がうまく邪魔してしまっている。今後周りの樹木が成長すれば、ますます隠れてしまうであろう(ただ周囲の紅葉はみごとだった)。

 こうなったら、自然に埋もれた「見えない城」として、とことん姿を隠した方が名を上げるかもしれない。この際福井城も「幻の城郭」として、これを目指すべきである。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

  佐治 眞悟

Author:  佐治 眞悟
本音を言えない人たちに代わって
     酔狂じじいが吠えている
           妄言ブログです
  
ブレーンストーミングなので、
    批判厳禁、ただ乗り大歓迎です 
「拍手」いただければ、励みになります

地元中小・零細企業の応援
         経営コンサルタント             

最新記事

カテゴリ

ホーム1 当ブログの紹介  (1)
ホーム2 当事務所の事業紹介 (1)
*政治・経済* (1065)
 原発、エネルギー (149)
 歴史認識、軍事、外交 (272)
 経済、貿易、財政、税制 (131)
 憲法、法律、選挙、裁判 (96)
 政治家、政策、政局 (244)
 インフラ、防災、環境、人口 (127)
 食糧、農林漁業 (46)
*社会・哲学* (1073)
 社会一般 (171)
 高齢化、医療、死生観 (266)
 格差、差別、弱者、女性 (99)
 時事、事件 (75)
 マスコミ、広報、ネット (56)
 文化、スポーツ、演劇 (89)
 教育、学問、科学、宗教 (50)
 生物、進化論 (26)
 山行、県外旅行 (113)
 地域、町内、祭、イベント (128)
*経営* (519)
 中小企業施策 (78)
 経営革新、戦略、手法 (97)
 知財、著作権、情報 (11)
 リスク (36)
 再生、倒産、資金繰り (9)
 マーケティング (40)
 ものづくり (67)
 人づくり (59)
 商品、固有技術 (76)
 個別 事例 (46)
*画像と俳句・川柳・詩* (182)
 山の景観 (51)
 山の花、里の花(桜) (61)
 旅行、温泉 (48)
 スポーツ(運動会)、祭り (19)
 その他 (3)
*アーカイブ* (3)
 平成25年1月(1~31日) (1)
 平成25年2月(1~28日) (1)
 平成25年3月(1~31日) (1)
*ブログ主の個人情報* (54)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR