FC2ブログ
RSS

価値のあるムダ

 そのムダにどのような価値があるかは、われわれ人間ごときにはわからない

 「無用の用」によく似た言葉に、「価値とは、すべて、ある観点(目的)から見たものにすぎない」(ニーチェ)というのがある。すなわち、無駄だと思っていたものは、別な観点から見ると素晴らしい価値を持っている。

 私があるメーカーの生産工程を合理化しようと、現場を見たときのことである。2月の寒い時期、全く暖房のない広い工場内で人々が作業していた。決して遊んでいる人はいないが、やたらとムダな動きが多い。責任者に「従業員の方は寒くないのですか」ときいたところ、「みんな社内を動き回っているので、暑いくらいです。」という答えが返ってきた。
 これでは、商品に投入する価値エネルギーを、社員自らの体に投入していることになる。まさに、ものづくりの効率から考えたら、とんでもないことである。

 だが一日中動き回ることで、従業員はみなスリムな体型をしていた。社員の健康管理面を考えたら、動き回ることはムダではない。それに作業の効率だけを考えると、人の動きを抑えて、そのぶんガンガンと暖房エネルギーを消費しなければならない。
 これまで一生懸命、生産合理化のアドバイスをしてきた私が、自分のやっていることにむなしさを感じた瞬間であった。

        枯淵コース下りから九谷ダム H28.11.05

 また江戸時代のこと、日本にキリスト教を布教しようと、ヨーロッパからある宣教師が来た。彼は、「未開の日本を、キリスト教で発展させよう」と意気込んでいたという。
 ところが日本人はみな、楽しそうに暮らしているではないか。貧乏でも笑顔が絶えず、冗談を言い合い、争いもすくない。逆に宣教師の済んでいたヨーロッパでは、物質には恵まれ、奴隷を使い一部の人は豊かな暮らしをしているのに、一般庶民はこんな穏やかに暮らしていることはなかった。「自分はいったい何をしようとしているのか」と宣教師は思ったという。

        武士の目

 いまは、いろんな分野の「専門家」が、専門的見地から勝手な見解を出している。専門分野を徹底的に追求しようとしている。それがトータルでうまくいかない。医者など、専門医ばかりになって、総合的にものごとを見ることができなくなってしまった。だから、「病気は治ったが、患者は死ぬ」のである。

 ある価値をとことん追求すると、何かがおろそかになる。ムダと思われることはすべて、何かの価値を持っているはずである。それが何かは、われわれ人間ごときには、わからない。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

  佐治 眞悟

Author:  佐治 眞悟
本音を言えない人たちに代わって
     酔狂じじいが吠えている
           妄言ブログです
  
ブレーンストーミングなので、
    批判厳禁、ただ乗り大歓迎です 
「拍手」いただければ、励みになります

地元中小・零細企業の応援
         経営コンサルタント             

最新記事

カテゴリ

ホーム1 当ブログの紹介  (1)
ホーム2 当事務所の事業紹介 (1)
*政治・経済* (1065)
 原発、エネルギー (149)
 歴史認識、軍事、外交 (272)
 経済、貿易、財政、税制 (131)
 憲法、法律、選挙、裁判 (96)
 政治家、政策、政局 (244)
 インフラ、防災、環境、人口 (127)
 食糧、農林漁業 (46)
*社会・哲学* (1073)
 社会一般 (171)
 高齢化、医療、死生観 (266)
 格差、差別、弱者、女性 (99)
 時事、事件 (75)
 マスコミ、広報、ネット (56)
 文化、スポーツ、演劇 (89)
 教育、学問、科学、宗教 (50)
 生物、進化論 (26)
 山行、県外旅行 (113)
 地域、町内、祭、イベント (128)
*経営* (519)
 中小企業施策 (78)
 経営革新、戦略、手法 (97)
 知財、著作権、情報 (11)
 リスク (36)
 再生、倒産、資金繰り (9)
 マーケティング (40)
 ものづくり (67)
 人づくり (59)
 商品、固有技術 (76)
 個別 事例 (46)
*画像と俳句・川柳・詩* (182)
 山の景観 (51)
 山の花、里の花(桜) (61)
 旅行、温泉 (48)
 スポーツ(運動会)、祭り (19)
 その他 (3)
*アーカイブ* (3)
 平成25年1月(1~31日) (1)
 平成25年2月(1~28日) (1)
 平成25年3月(1~31日) (1)
*ブログ主の個人情報* (54)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR