FC2ブログ
RSS

新潟知事選結果の愚

 エネルギーと安全保障政策は、選挙の争点にすべきではない

 昨日の新潟県知事選で、無所属新人の医師、米山隆一氏(共産、自由、社民推薦)が、前長岡市長の森民夫氏(自民、公明推薦)らを破り初当選した。米山氏は、前任者の泉田知事につづき、原発に反対する立場である。

 この選挙は原発再稼働が争点だっただけに、柏崎刈羽原発の再稼働が困難になるのは間違いない。日本の大きな危機である。日本は確実に「茹で蛙」への道を歩み始めた。

      鼠親父ネタロウ
 
 この選挙結果を見ると、エネルギーと安全保障政策に関しては、選挙の争点にすべきではないと思う。根拠のない不安を抱く無知な人々がどれだけいようと、前向きな解決策など生まれるものではない。

 鹿児島県に続き今回も、その「衆愚選挙」が日本の未来を奪おうとしている。人々の頭から、福島のバイアスが抜け切れていないので、選挙の結果は必然であった。投票する人は、日本の未来やエネルギーがどうなろうと知ったことではない。今だけ自分だけが安心できる社会を作ってほしいだけなのである。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :