FC2ブログ
RSS

秋の白山砂防新道

 紅葉がないのは、熟年抜きでいきなり朽ちるようなものである

 ちょうど仕事が一段落した秋晴れを狙って、昨日(金曜日)白山へ登った。
 秋の空は視界良好である。すでに往路の車中で、麓の市ノ瀬に入る前から、別山がくっきりと見えた。また今は紅葉真っ盛りのはずだ。数年前に見た、上小池から3の峰への真っ赤な紅葉をもう一度味わいたい。

 早朝6時50分につり橋を渡って、砂防新道から登山開始。気温が低いからか、8月に観光新道を登ったときより楽である。それでも歩き始めて2時間過ぎれば、疲労がたまって息が切れる。12曲りの急登のとき、携帯に2本ほど仕事の電話が入ってきた。ハァハァと怪しげな息遣いでの対応に、電話の相手は、朝っぱらから何をしているのか不信に思ったであろう。

 12曲り急登から 別山 H28.10.14 観光新道下山 数少ない紅葉?と別山 H28.10.14

 紅葉は残念ながらほとんど見ることができなかった。多くの枝では紅葉になる前に散ってしまっている。周辺の山々を見ても、色づいているところはない。今年は、北陸の山の紅葉は不作なのかもしれない。人間でいえば、熟年抜きでいきなり干乾びるようなものである。

 左から、三の峰、荒島、赤兎、経ヶ岳、大長 H28.10.14  御前峰高天原から別山 H28.10.14

 御前峰山頂には、ちょうど12時に着いた。午前中あんなに澄み渡っていた空気が、遠くの方では黒っぽく霞んでいる。大気汚染が影響しているのか、剣・立山から槍~穂高と続く北アルプス連峰も、ぼんやりとしか見えない。
 それでも近くの、3の峰から荒島岳、赤兎、経ヶ岳、大長山(上左写真)はよくわかった。

   砂防工事道路網 H28.10.14

 ところで白山は、来るたび砂防工事道路が増えている。観光新道下りから見ると、縦横に網羅しているのが見える。白山の大崩壊とともにあるだけに、工事は賽の河原のようなものである。この仕事は永遠に終わらない。

 また、ここまで道路が延長されていると、登山口がいまの別当出会いから上、少なくとも1時間登ったところでもいいはずである。そうすれば、日帰り登山でこんなしんどい思いをしなくて済む。もっともそうすると、室堂の宿泊施設の客が激減する。もっと開発して、立山ホテルのようにする手もあるが、白山では無理か。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

  佐治 眞悟

Author:  佐治 眞悟
本音を言えない人たちに代わって
     酔狂じじいが吠えている
           妄言ブログです
  
ブレーンストーミングなので、
    批判厳禁、ただ乗り大歓迎です 
「拍手」いただければ、励みになります

地元中小・零細企業の応援
         経営コンサルタント             

最新記事

カテゴリ

ホーム1 当ブログの紹介  (1)
ホーム2 当事務所の事業紹介 (1)
*政治・経済* (1056)
 原発、エネルギー (147)
 歴史認識、軍事、外交 (269)
 経済、貿易、財政、税制 (131)
 憲法、法律、選挙、裁判 (96)
 政治家、政策、政局 (244)
 インフラ、防災、環境、人口 (123)
 食糧、農林漁業 (46)
*社会・哲学* (1060)
 社会一般 (166)
 高齢化、医療、死生観 (264)
 格差、差別、弱者、女性 (98)
 時事、事件 (75)
 マスコミ、広報、ネット (55)
 文化、スポーツ、演劇 (87)
 教育、学問、科学、宗教 (49)
 生物、進化論 (26)
 山行、県外旅行 (112)
 地域、町内、祭、イベント (128)
*経営* (514)
 中小企業施策 (76)
 経営革新、戦略、手法 (97)
 知財、著作権、情報 (11)
 リスク (35)
 再生、倒産、資金繰り (9)
 マーケティング (40)
 ものづくり (65)
 人づくり (59)
 商品、固有技術 (76)
 個別 事例 (46)
*画像と俳句・川柳・詩* (182)
 山の景観 (51)
 山の花、里の花(桜) (61)
 旅行、温泉 (48)
 スポーツ(運動会)、祭り (19)
 その他 (3)
*アーカイブ* (3)
 平成25年1月(1~31日) (1)
 平成25年2月(1~28日) (1)
 平成25年3月(1~31日) (1)
*ブログ主の個人情報* (54)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR