FC2ブログ
RSS

世の中に平等はない

 世の中はもともと不公平だと思わないと、権利意識だけが肥大化する

 体調不良のため休業中の、フリーアナウンサー小林麻耶さんが、6月1日以来3ヶ月ぶりに自身のブログを更新した、という記事をあちこちで見かけた。ブログでは、現在の体調や心境などについてつづっているという。

 この小林麻耶というアナウンサーを私は知らないが、そっちの方面では有名人なのであろう。その発言についても、多くの人が注目している。そうでなければ、単にブログ再開ぐらいで、ここまでニュースにならない。

 そう思って、彼女のブログをざっと閲覧してみた。
 本人の日常生活が、とつとつ綴られている。どうひいき目に見ても、後世に残るような文章でもないし、中身も平凡である。「枕草子」や「徒然草」の足元にも及ばない。

 では、いったいなぜ、彼女のブログが人々をひきつけるのか。
 ただ一点、彼女が有名人であるからである。彼女の一挙手一動に関心のある人がかなりの人数おり、何でもいいからそれに触れていたい。もちろん有名になるためには、それ相応の努力をしたに違いない。その場合でも、運が大きく左右したはずである。


 すなわち、「同一労働、同一賃金」などというのは、まやかしだということである。同じ労働をしていても、得体のしれない力によって、その労働の成果は大きく左右される。結果として、支払われるフィは大きく異なる。

 したがって、世の中はもともと不公平なのである。その認識を持つ必要がある。そうでないと、権利意識だけ肥大化した日本の民主主義は、悪の権化になってしまう。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :