FC2ブログ
RSS

核の先制不使用は無責任

 核廃絶の合意ができたときは、もっと破壊的な兵器ができたときである

 オバマ大統領が、米国の核兵器の先制不使用を検討しているという。広島で発信した「核兵器なき世界」の実現に向けての活動である。

 これに対し日本の安倍晋三首相は、反対の意向を伝えたとか、それは誤解だったとかややこしい。本音としては、オバマにおかしなことを言ってもらいたくない。いまのまま米国が、核の不使用を宣言することは、日本国民の命を蔑にする。
 もし日本の首相がオバマの言うなり「核の先制不使用」に同調したら、それこそ無責任である。

 そもそも、核のない世の中というのは絶対に不可能である。「核」というのは、自然の摂理であって、太陽や地熱など我々が生かされているのは、すべて核反応である。万一人間が核を放棄しても、否が応でも核エネルギーの恩恵を受ける。
 そこまで原理主義を持ち出さなくとも、いったん人類が手にした技術を放棄するなど、金輪際ありえない。

 もし世界中で、核を廃絶できる合意ができたとしよう。それは、もっと破壊的な兵器(素粒子加速によるブラックホール発生機など)ができたときである。それこそ、ほんものの人類の危機である。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :