FC2ブログ
RSS

SMAP解散

 最悪なのは、「国民」の声に押されて、また解散を中止してしまうことである

 「敗戦の日」、巷ではSMAPというアイドルグループが解散するとかで、大騒ぎである。20年以上芸能界の第一線で君臨してきた集団だけに、芸能ニュースとしてこれ以上のものはない。たしかに、昔のスリーファンキースやタイガース以来、久々の「アイドルグループ」であった。

 しかし、彼らのファンと呼べる年代層は、せいぜい30~40代である。50歳以上の中高年や、20歳以下の若者はそれほどSMAPに関心はない。ニュースで大げさに取りあげられるから、大ごとだと思うだけである。
 団塊世代の私にとっても、SMAPなどどうでもいい。映画やドラマで個々のメンバーの顔は見たことがあっても、グループとしての歌や演劇は知らない。それに彼らは、団塊ジュニア世代として、すでに中年にさしかかっている。解散しなくても、いずれダークダックスのように一人づつ召されていく。

 さらに見方を代えれば、SMAPは20年以上も一つのグループとして拘束されてきた。終わりなき拘束ほどしんどいものはない。それなりの蓄財もある。余生は彼らの自由にさせてあげたい。
 最悪なのは、「国民」の声に押されて、また解散を中止してしまうことである。

  そういえばもう一つ、SEALSなどというグループも解散するらしい。これこそ、跡形もなく消滅してほしい。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :