FC2ブログ
RSS

大臣の靖国参拝

 批判を恐れ靖国参拝しなかったら、戦争を起こそうとする本物の極右が現われる

 防衛大臣に就任した稲田朋美氏が、15日に靖国参拝するかどうか関心が高まっている。今までは総理大臣だけだったのが、一大臣にまで及んできた。これまでの言動から、稲田氏のことを「極右」とか、「ネトウヨ」という人がいるからである。


 しかしほんとに「極右」ならいいが、どうも怪しい。参拝するかどうかあやふやである。5日のインタビューでも、日中戦争からの戦争観について、「侵略か侵略でないかは評価の問題だ。歴史認識で最も重要なのは客観的事実だ」と答えたという。

 靖国参拝は、日本の政治家の重要な義務である。参拝しなかったら、自民党に政権を与えた意味がない。朝日や毎日が火をつけた海外からの批判は、「極左」が受け止め、政府に代わってかの国へ謝りに行けばいい。そのために、民進党とか共産党がある。批判しかできない党なら、存在意義がない。自分たちがそのまま、謝罪専門党として、立場を確立すればいい。

       稲荷例大祭参加 H27.3.29撮影

 そもそも、海外が日本政治家の靖国参拝を批判するのは、いつまでも日本を敗戦国に留めておきたいからである。大戦時の日本の行為を針小棒大に取り上げ、極悪非道の蛮人の国にしておきたい。でなければ、戦後70年も経って、こんなことでいちゃもんをつけるはずがない。

 したがって、日本は海外の批判、世間体を恐れてはいけない。毎年8月15日には必ず、首相も含め閣僚全員が堂々と靖国参拝をすべきである。

 でなかったら、日本はいつまでも敗戦国として、こそこそ逃げ回っていなければならない。国がめちゃくちゃになる。それに我慢できず、必ず本物の極右が現われる。彼らは世界を相手の戦争に勝利し、こんどこそ日本が支配する世界を作りたいと思う。そのような危険な人たちを増やすべきではない。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

  佐治 眞悟

Author:  佐治 眞悟
本音を言えない人たちに代わって
     酔狂じじいが吠えている
           妄言ブログです
  
ブレーンストーミングなので、
    批判厳禁、ただ乗り大歓迎です 
「拍手」いただければ、励みになります

地元中小・零細企業の応援
         経営コンサルタント             

最新記事

カテゴリ

ホーム1 当ブログの紹介  (1)
ホーム2 当事務所の事業紹介 (1)
*政治・経済* (1053)
 原発、エネルギー (145)
 歴史認識、軍事、外交 (268)
 経済、貿易、財政、税制 (131)
 憲法、法律、選挙、裁判 (96)
 政治家、政策、政局 (244)
 インフラ、防災、環境、人口 (123)
 食糧、農林漁業 (46)
*社会・哲学* (1058)
 社会一般 (165)
 高齢化、医療、死生観 (263)
 格差、差別、弱者、女性 (98)
 時事、事件 (75)
 マスコミ、広報、ネット (55)
 文化、スポーツ、演劇 (87)
 教育、学問、科学、宗教 (49)
 生物、進化論 (26)
 山行、県外旅行 (112)
 地域、町内、祭、イベント (128)
*経営* (514)
 中小企業施策 (76)
 経営革新、戦略、手法 (97)
 知財、著作権、情報 (11)
 リスク (35)
 再生、倒産、資金繰り (9)
 マーケティング (40)
 ものづくり (65)
 人づくり (59)
 商品、固有技術 (76)
 個別 事例 (46)
*画像と俳句・川柳・詩* (182)
 山の景観 (51)
 山の花、里の花(桜) (61)
 旅行、温泉 (48)
 スポーツ(運動会)、祭り (19)
 その他 (3)
*アーカイブ* (3)
 平成25年1月(1~31日) (1)
 平成25年2月(1~28日) (1)
 平成25年3月(1~31日) (1)
*ブログ主の個人情報* (54)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR