FC2ブログ
RSS

反日、反米運動の真相

 北朝鮮の工作に乗らないよう、日本は独自の武力を磨いておく必要がある

 先日、北朝鮮から日本本土へのミサイル攻撃が行われた。実害はなかったとしても、これはもう、反撃すべきレベルである。これで報復しなかったら、専守防衛すら成り立たない。ただちにミサイル基地を破壊しなければ、つぎは必ず都市に落ちる。北の首領様とは、話し合いなどまったく無意味である。

 ただこんなときでさえ、韓国における慰安婦問題での日本への攻撃が止まらない。続々と「少女像」が建設されている。正確な事実さえわかれば、日本に対して抗議する筋のものでないのに、なぜこんなにしつこいのか。同じことは、「沖縄基地問題」、「反原発運動」にも言える。あまりにも理不尽で、いくらなんでもおかしい。いくら知能程度が低くても、こんな簡単なことが理解できないはずがない。


 じつはこれらすべて、北朝鮮が南朝鮮を侵略するための布石であり、工作作業だという。西岡力氏(現代朝鮮研究者)の説である。
 
 北朝鮮ではすでに、日本への核ミサイルは完成し、いま必死で北米へ届く核ミサイル開発を急いでいる。これができれば、アメリカをけん制しながら南朝鮮を侵略できる。北朝鮮指導者の頭にはそれしかない。つぎは、対馬から北九州である。北朝鮮が南進する場合、最大の障害は在日米軍である。第一次朝鮮戦争のとき、北朝鮮軍は釜山まで進攻しながら、在日米軍基地からの空爆や海兵隊によって後退を余儀なくされたことがある。

 したがって北朝鮮が南進するときには、「在日米軍が動けば日米を核攻撃する」と予告する。日本では、「反日韓国を助けるため、なぜ日本が犠牲になるのか」、という世論が必ず起こる。日本から在日米軍への圧力がかかる。アメリカも本土攻撃など受けたくないから、在日米軍の出撃を躊躇する。もちろん日本が核攻撃を受けても、報復するとは限らない。

 韓国内で、反日や反米の活動が盛んであり、日本でも反基地や反原発運動が盛んなのは、まさにそのためである。いくら理不尽な運動でも、北朝鮮の工作と考えればつじつまが合う。


 では日本はどうするか。
 北朝鮮核施設への先制攻撃を行うと同時に、韓国への接し方も変えなければならない。韓国で執拗に騒いでいるのは、北の影響を受けた一部の勢力である。韓国とはつかず離れず、無視を決め込むのが一番いい。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :