FC2ブログ
RSS

高浜原発の運転延長

 原発と米軍基地に反対する人は、中国と北朝鮮が行っている対日工作の手先である

≪原子力規制委員会は、20日の定例会で、運転開始から40年経過した関西電力高浜原発1、2号機の、20年にわたる運転期間の延長を認可した。ただ、審査で大きな課題となっていた電気ケーブルの難燃化対策や原子炉建屋の大規模工事などが課題となっており、再稼働は早くても3年半先になる見通しである。20日毎日新聞より要約≫

 あまりにも遅い。遅すぎる。そのうえ、こんなチンタラした進行にさえ、ぐずぐず反対する人がいる。
 人間でも40年はまだまだ盛り。20年延長したとしても、やっと還暦である。原子炉も、働ける間は働いでもらわなければ困る。こんなものはたいてい、使いこんだ方が安全である。いくら新しくても事故は起きる。

 圧力容器が中性子線で劣化するといっても、もともと安全率を何倍にもとっている。いくら古くても、突然爆発することなどない。それに爆発しても大したことない。あの3.11の過酷事故でさえ、だれ一人亡くなっていない。いい加減に「放射脳」を卒業したらどうだ。

 それよりも、使える原発を数十基も遊ばせておく方が大問題である。そのために日本の国力と人命が、刻一刻と失われている。もし通常通り原発が稼働していれば、国内の自殺者や大気汚染での死者は、数万人単位で減少していた。経済力も格段に上がっていた。アベノミクス停滞の2大要因は、消費増税と原発停止であることは、はっきりしている。

 すなわち原発に反対する人は、日本人がたくさん死に、さらに経済が衰退することを望んでいるとしか思えない。これでは完全に、中国と北朝鮮が行っている対日工作の手先である。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :