FC2ブログ
RSS

盛り返すSTAP細胞

 小保方氏が理研や社会から抹殺されたことと、STAP細胞の存在はまったく関係ない

 ドイツの名門大学が、STAP現象の再現実験を行ったということで注目されている。
 以前、小保方氏が発表した方法(細胞に酸性のストレスをかける)では、STAP現象が再現できないので、独自に修正した酸性ストレスをかける方法を試した。するとその細胞は、体のどんな細胞にもなれるような反応を示すことを確認したという。

 この実験では、そのとき細胞が死んでしまうのでそのままでは使えない。さらに研究が必要である。
 それでも、STAP現象はまだまだ研究の価値がある。

 そもそも、小保方氏が理研や社会から抹殺されたのは、STAP細胞がインチキだったからではない。その手順を示した論文がインチキ、或いは稚拙だったからに過ぎない。STAP細胞の存在が否定されたわけではない。論文重視する周囲の学者のやっかみに、マスコミが乗っかり、国民が踊らされてしまったのである。

 STAP現象のように、きわめて複雑な変化は、針の孔にゴミ紐を通すような、微妙なさじ加減でしか再現できない。いくらややこしい言葉や図表を駆使しても、とても論文のような文書で書ききれるものではない(マニュアル人間にはわからないだろうが)。

 もし、ドイツ大学の発見がSTAP細胞に革新的な進展をもたらすとしたら、あの騒ぎはいったいなんだったのか。理研は、日本人の利権を損ねてしまったのではないか。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :