FC2ブログ
RSS

東大美女図鑑

 こんなことで自主規制するようでは、日本経済の活性化などとてもおぼつかない

 「『東大美女図鑑』の学生たちが 『あなたの隣に座って現地まで楽しくフライトしてくれる企画』」というキャンペーンに批判が集まり、その会社は、「不快な思いをさせた」として、企画を取りやめたという。

 これは、当選すると飛行機旅行で「東大美女図鑑」の女子学生が、隣に座って目的地まで案内してくれるという企画である。キャンペーンの発表後、ネット上では、「不快だ」、とか「セクハラ・性差別ではないか」といった声が多くあがっていたという。
 「東大美女図鑑」は、如何にも艶めかしい。

 しかし、いったい誰が「不快な思いをした」のであろうか。少なくとも当選した人は、「いい思いをした」のに違いない。
 これがいけないのなら、キャバクラ、スナック、アルサロなどすべてダメである。宴会で、芸者やコンパニオンを呼んでもいけない。スチュワーデスやウェイトレスも、すべてむさいジジイばかりにしなければならない。「東大」だからダメというのなら、完全に学歴差別である。キャンペーン企画を中止する必要は、まったくなかった。
   
         美人ロボット H27.10.9

 このように、何か新しいことをやろうとすると、必ず批判が出る。じつはそんな時こそ、踏ん張りどころなのである。最後まで信念を持ってやり遂げて、はじめて新しいサービス市場が生まれる。

 こんなことで自主規制するようでは、日本経済の活性化などとてもおぼつかない。1億総活躍で、いくら知恵を出しても、実行力が伴わなかったら何にもならない。先が思いやられる。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :