FC2ブログ
RSS

ヤクザと暴力団

 ヤクザでも、善人の顔をして人の生き血を吸っているシロアリよりはましである

 山口組はいま、熊本で「ボランティア」活動を行っているという。全国ネットワークを利用して支援物資を集め、必要なところにバイクで水や食料を配布している。それも行政と異なり、きめ細かで迅速である。
 前の大震災のときにも、炊き出しなどの支援活動を行っていた。

 ヤクザはもともと、博徒と呼ばれるギャンブルの胴元と、テキヤと呼ばれるイベント・お祭で稼ぐ人たちであった。博徒とテキヤはそれぞれ「仁侠道」、「神農道」と呼ばれていた。


 ところがいまや世間は、暴力団「ヤクザ」という存在自体を、法律違反にしてすべて抹殺しろといっている。だから現代では、そのやや後ろめたくて、世の中になくてはならない仕事が、できなくなってしまった。

 博打は、競輪競馬やパチンコ、ひいては宝くじなど、公営ギャンブルという(ヤクザ以上にあくどい)利権集団が現われたために、壊滅状態に陥っている。ヤクザの賭博場に入っただけで、(有名人の)人生は終わりになる。現世紀最大の博打場である「株式市場」が大手を振って、跋扈しているのとは対照的である。
 テキヤ家業も風前の灯である。昨日の祭り沿道を見ても、屋台が2~3軒しかない。ほとんど壊滅したといってもよい。祭りが祭りで無くなってしまった。

 つまり、それまでヤクザの行っていた仕事は、公権力が奪い取るか非合法化したのである。合法的な仕事でさえ、ヤクザというだけで排除するような法律ができた(暴対法、暴排条例)。
 そうなると、博徒とテキヤは、稼ぐ場が無くなる。次第に、ヤバイ仕事に手を出さざるを得ない。ヤクザはいつの間にか、ただの暴力団になってしまった。そのうえ、指定暴力団に対しては、ありとあらゆる規制の網がかけられている。

 いくらヤクザでも、生きる権利はある。
 行き場がなくなり、追いつめられるとどうなるか。地下へ潜り、それこそ知恵を絞って、悪の限りを尽くす。よくてSEALS、最悪の場合はテロである。それができなければ自殺だ。任侠道どころではない。
 窮鼠を、それなりのプライドを持たせ、生かしておく工夫が必要である。


 その半面、ヤクザを追い詰めているシロアリ集団の権力が増している。シロアリににらまれたら、知らないでヤクザと同席しただけで社会的に抹殺される。
 多様な人々、グレーゾーンの存在を認めないと、いつの間にかシロアリに根元まで食いちぎられてしまう。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

  佐治 眞悟

Author:  佐治 眞悟
本音を言えない人たちに代わって
     酔狂じじいが吠えている
           妄言ブログです
  
ブレーンストーミングなので、
    批判厳禁、ただ乗り大歓迎です 
「拍手」いただければ、励みになります

地元中小・零細企業の応援
         経営コンサルタント             

最新記事

カテゴリ

ホーム1 当ブログの紹介  (1)
ホーム2 当事務所の事業紹介 (1)
*政治・経済* (1065)
 原発、エネルギー (149)
 歴史認識、軍事、外交 (272)
 経済、貿易、財政、税制 (131)
 憲法、法律、選挙、裁判 (96)
 政治家、政策、政局 (244)
 インフラ、防災、環境、人口 (127)
 食糧、農林漁業 (46)
*社会・哲学* (1073)
 社会一般 (171)
 高齢化、医療、死生観 (266)
 格差、差別、弱者、女性 (99)
 時事、事件 (75)
 マスコミ、広報、ネット (56)
 文化、スポーツ、演劇 (89)
 教育、学問、科学、宗教 (50)
 生物、進化論 (26)
 山行、県外旅行 (113)
 地域、町内、祭、イベント (128)
*経営* (518)
 中小企業施策 (77)
 経営革新、戦略、手法 (97)
 知財、著作権、情報 (11)
 リスク (36)
 再生、倒産、資金繰り (9)
 マーケティング (40)
 ものづくり (67)
 人づくり (59)
 商品、固有技術 (76)
 個別 事例 (46)
*画像と俳句・川柳・詩* (182)
 山の景観 (51)
 山の花、里の花(桜) (61)
 旅行、温泉 (48)
 スポーツ(運動会)、祭り (19)
 その他 (3)
*アーカイブ* (3)
 平成25年1月(1~31日) (1)
 平成25年2月(1~28日) (1)
 平成25年3月(1~31日) (1)
*ブログ主の個人情報* (54)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR