FC2ブログ
RSS

おしんめさん

 今日、神明神社の春まつりで、神輿・鳳輦行脚を手伝った。交通安全員としての交通整理である。
 御神輿は3~40人もの若者が、500㎏くらいはある屋形を担ぐ(といっても、20年ほど前から台車で移動)。御鳳輦は、鳳をトラックに載せて移動する。この二手に分かれ、それぞれお札(5000円)を買って貰った家の軒先周りをする。それぞれ、120軒ほど。

 寂しい屋台村 H28.5.03 御鳳輦 H28.5.03 しっかり交通整理 H28.5.03

 私は、御鳳輦の担当である。宝永地区1.5K四方をくるくる回るので、15㎞は歩く。音楽を鳴らし、笛や太鼓でにぎやかに練り歩く。台車を数十人もが引っ張って歩く神輿と、ちり紙交換のような貧弱なトラック上の御鳳輦。それぞれの屋形に、ありがたい『御霊』が入っているとは、だれも気が付かないであろう。
 それより、10年前までは沿道を埋め尽くした屋台の夜店が、まったくと言っていいほど無い。これでは祭りの雰囲気が激減する。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :