FC2ブログ
RSS

北海道補選結果

 人々の心の99%の関心事は、自分の豊かさがどうなるかである

 衆院の北海道5区補欠選挙で、自民新人の和田氏が野党統一候補の池田氏を破り、当選した。「革新系」の跋扈する北海道の一人区で、自民党が過半数を獲得したということは、「野党共闘」が実らなかったことを意味している。

 そもそも、「反安保」だけで共闘を組むのはばかげている。昨年決まった安保法制にしても、まだまだ生ぬるい。こんなものにさえ反対して、日本を一体どう解体しようとしているのか。まともに考える人は、「野党共闘」を危険思想とみなす。

 それに、有権者の関心事は安保法制だけではない。むしろそんなものは全体の1%にも満たない。人々の心の99%の関心事は、自分の豊かさがどうなるかである。それが、さもしい民主主義の本質である。

 もっとも、野党共闘で敗れたほうも、得票率は40%を超える。今回当選したほうも、絶対的な支持を受けたわけではない。選挙とはそういうものである。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :