FC2ブログ
RSS

組織の風土チェック50(5月29日)

 あなたの組織は、これらの項目にいくつ当てはまるでしょうか。

 あまりにもチェックした数が多いようだと、ちょっと心配です。逆に、ひとつもチェックが入らないような組織だと、息が詰まるかもしれませんね。
 あまり真剣にならずに、ためしにチェックしてみてください。

□毎日、始業時刻ピッタリに来る社員がいる。
□朝の挨拶を、「モゾモゾ」で済ます社員がいる。
□お客様の応対より、社長への挨拶を優先させる社員がいる。
□始業時刻より早く来た社員は、仕事開始まで談笑している。
□朝はゆっくり新聞を読む管理職が多い。
□WCサッカーや高校野球をやっている時、どちらが勝っているかの情報が伝わる。
□終業のベルが過ぎたとたん、出張から帰ってくる社員がいる。
□終業時刻になると、忍者のようにいつの間にか帰宅してしまう社員がいる。
□何でこの人は残業しているんだろう?と思う人が何人かいる。
□会議では、声の大きい人の意見が通る。
□会議では、「難しい理由」とか「出来ない理由」ばかり飛び出す。
□会議のほとんどは雑談である。
□会議の途中に、突然にぎやかな携帯着メロが鳴り出す。
□会議の途中でも、かかって来た電話に出る人が多い。
□会議の内容が、連絡事項だけという場合もある。
□会議で、難しい議決が必要なとき、急に話題が飛んでしまう。
□会議は「検討しましょう」で終わり、何が決まったかわからない。
□会議の記録がなく、誰が確認するのかわからない。
□会社にかかって来た電話に、「もしもし」とだけいう社員がいる。
□30分近くも、楽しそうに電話している社員がいる。
□用件や名前を告げずに「Aさん、電話!」と言って転送する社員がいる。
□文書で、異常なほど細部にこだわる上司がいる。
□「これは難しいな」としか言わない上司がいる。
□資料を持って行くと、必ずこれに文句をつける上司がいる。
□預けた報告書を、なくしてしまう上司がいる。
□前例ができたときは、前例は無かったということを知らない上司がいる。
□延々と電話で喋ってから「担当に変わります」と丸投げする上司がいる。
□就業時間中ずっと、会社の中を見渡している上司がいる。
□就業時間中、誰かを捕まえて雑談ばかりしている上司がいる。
□自分の倍の給与をもらっていることが、どうしても許せない上司がいる。
□行事出席者の席順を決めるために、幹部が何度も会議を繰り返す。
□行事の自分の挨拶草稿は、部下に任せる。
□お客様が来ると、いっせいにジロリと見る。
□「規則ではこうなっている」というのが口癖の人が多い。
□新しい事業をやる場合の打合わせは「他社はこうやってます」から始まる。
□同僚と酒を飲むと、必ず上役の悪口となる。
□上司と酒を飲むと、その上役か隣の課の悪口となる。  
□社長を入れて酒を飲むと新入社員の悪口となる。
□事務所のなかでは、全員がパソコンとにらめっこしている。
□忘年会のとき先に会社を出るのに、遅れて来る上司がいる。
□飲めない社員に、無理に飲ませる上司がいる。
□飲むと、必ず若手に説教をたれる上司がいる。
□女子社員の肩を抱きながら、説教をたれる上司がいる。
□酔うと、誰にでもしなだれかかる、比較的若い女子社員がいる。
□その女子社員を横目で睨む、古手の女子社員がいる。

 さすがに民間では、次のようなマヌケなことはやってないでしょうね?
□仕事をした時間より、その報告書をつくる時間のほうが長い。
□その報告書を隅から隅まで読んでいる人が、少なくとも一人はいる。
□もちろん、その人も丁寧な報告書をつくる。
□その人を管理する上司がいる。
□これらの人々の給料計算する人を、募集している。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :