FC2ブログ
RSS

思い込み記事

 プロ記者が書いたさまざまな思い込み記事に対し、読者コメントは非常に有効である

 ヤフーニュースに、しばしば有名人の事件に対するコメントが載る。4日は、いわゆる尾木ママ(尾木直樹氏)の発言が取り上げられた。埼玉県の女子中学生が2年ぶりに保護された事件で、逮捕された寺内容疑者の父親が、店のホームページで顧客らに謝罪したことについて、「わびる相手を間違えている、商売のことしか頭にない」と、怒りを交えて批判したという。

 教育評論家といえども、そのときどきの頭に浮かんだ思いを、ついしゃべっただけである。そのコメントを勿体ぶって記事にすれば、間違った方向に進む恐れがある。

 これに対し、読者は冷静である。

≪つっても会社のHPだからなあ。経営者の立場としての謝罪であって、父親としてとは別でしょ。そこで被害者への謝罪とか肉親としての気持ちとか書くのも違うと思う。≫
≪会社のホームページでしょ?業務関係者へのお詫びだけでいいと思うけど≫
≪公私分けてるだけじゃないの?≫
≪会社のホームページに相手方への謝罪文の方がおかしい。そうしたらそうしたでまた、何か言われるんでしょ?≫

 この記事に限らず、プロ記者が書いたさまざまな思い込み取材記事が掲載される。その思い込みを正すうえで、この読者コメントは非常に役立っている(放射脳以外は)。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :