FC2ブログ
RSS

自動運転の自動車

 自動車が自動運転になると、車を買う必要が無くなるか

 2020年のオリンピックを目指し、自動運転の技術開発が進んでいる。自動運転は人間に代わって、感知・判断・操作を行う。人間以上に、瞬時の高度な情報処理や制御ができる。スマホに音声で命令すれば、その通りに走行する制御方法も工夫されている。

 人や車が複雑な動きをする実際の道路を除いて、すでに技術的にはほぼ完成されている。駐車場など限定された場所では、すぐにでも使えるという。

 この自動運転技術が進み、街中でも自在に走れるようになったらどうか。現時点では、いくら自動運転でも運転監視が必要である。自分で監視する必要がなくなれば、タクシーに乗るようなものである。タクシーというより、運転手のいないお抱え乗用車である。
                真横から見た赤い車
 そもそも、人が車を保有するのはなぜか。
 まず、好きな時自由に遠くへ行けることである。つぎにハンドルを動かし、思い通りに制御できることである。
 その運転する爽快さが無くなったとき、人は車を買うであろうか。自動車メーカーは、どのように購買意欲を喚起するのか、必死で考えているに違いない。

 最大のメリットは、飲酒運転できることである。そうなれば人との交流が増え、自殺者は激減、経済活性化は間違いない。アル中が増えるのは自己責任である。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :